読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

「μ's 3rd Anniversary LoveLive!」へ行ってきた

ラブライブ! イベント

タイトルの通り「μ's 3rd Anniversary LoveLive!」へ行って来ました。
朝から降っていた雨も開場時間には暑さが感じられるほどに……
しかしパシフィコ横浜の中はそれをはるかに凌ぐ熱気に包まれました。
 
まずはセットリストから各曲について思ったことを書いていきますね。
バリバリネタバレなので、未見の人はご注意を!
 
 
 
 
1) 僕らは今の中で
2) 僕らのLIVE 君とのLIFE

「僕らは今の中で」はWonder zoneのイベント時に披露はしていましたが
初の振り付きフルコーラス披露という事で>ω</ 
これで1曲目からフルスロットルに入れざるをえませんでした。
そして続けざまに「ぼららら」、記念すべき1st singleでもあり
アニメでも重要な位置づけになったラブライブ!の原点。
まずはこの2曲、アニメのOPに1st singleという
スタートを意識させる曲を持って来ました。
途中で気付いたのですがこの入り方から伝えたい物がある
という事が感じられましたがそれは後述。
 
 
==MC==
3) Wonderful Rush
4) 夏色えがおで1,2,Jump!

MCで自己紹介を挟んで続いてはアニメ前のシングルを2曲連続。
まずは「Wonderful Rush」これはNew Year Lovelive!2013(以下NYLive)では
絢瀬絵里役の南條愛乃さんが欠席していたため9人での披露は初となる楽曲。
NYLiveでは空いていて寂しかった絵里のポジションが
きっちり埋まってついに完全版が見られたーって感じで感無量でした。
そして「夏色えがおで1,2,Jump!」こちらは定番曲、
自分は初めて夏にライブで聴けたということで興奮しきりでいた。
この2曲は先の2曲とは違ってセンターが穂乃果ではありません。
最初の2曲で穂乃果センターの曲を出した後に
続けざまにセンターが変わる曲を繰り出す。
「みんながセンター」な雰囲気を出そうとしているのかな
なんて自分は思っておりました。
 
 
== ライブドラマPart1 ==
5) ススメ→トゥモロウ

ライブドラマで猪突猛進穂乃果と強気な真姫ちゃんを堪能した後
2年生3人組の制服姿で「おおおぉぉぉ」と思わず声を出してしまいました。
2年生3人組の楽しそうに歌い・踊る映像と絡みあった事で
涙腺を緩まされまして……
ここで「あ、アニメでの登場順に歌わせてるのかな」と思い始めました。
後でまさかそれが正解だったとバラされるとは思いませんでしたが。
 
== ソロ曲リレー ==
6) 夢なき夢は夢じゃない
7) ぶる~べりぃ♡とれいん
8) 私たちは未来の花
9) なわとび
10) 恋のシグナルRin rin rin! 
11) Daring!!
12) まほうつかいはじめました!
13) ありふれた悲しみの果て
14) 純愛レンズ

ここから9曲はソロ曲のリレー、ことりから海未に移るときに
「あ、μ's加入順だわー」と気づきましたけど、これも後のMCで(以下略)
 
「夢なき夢は夢じゃない」は高坂穂乃果役の新田恵海さんが
自転車で登場してきてビックリ、そしてまさかBD収録楽曲も
出してくるのかと2重でビックリ。
しかし自転車に乗りながらでも安定した歌唱に引き込まれる引き込まれる。
 
南ことり役の内田彩さんが歌ったのは
数多の犠牲者を生み出した「ぶる~べりぃ♡とれいん」
いけない物質が脳内で出てくる感じがするあの声、
生声だとさらに破壊力が増すように感じられて危険が危ないですわ。
 
園田海未役三森すずこさんが歌ったのは「私たちは未来の花 」
ソロアルバム収録曲なので、馴染みが少ないかなと思いましたが余裕で杞憂。
海未ちゃんのカッコ良い部分をさらに増してくれるこの楽曲は
大好きな曲だっただけにまた生で聞けてよかったなーと。
しかしみもりんは歌っている時の表情がまた魅力的。
ソロだとそれがたっぷり見られるので存分に堪能しましたよ。
 
次は小泉花陽役の久保ユリカさんが登場。
これまたBD収録楽曲の「なわとび」をライブ初披露。
アニメのキャラにピッタリ合ったこの楽曲を儚げに歌う姿は
間違いなくかよちん、しかこの本気を見せつけられましたわ。
 
続いては星空凛役の飯田里穂さんが登場し
かよちんとの仲良しコンビの掛け合いが楽しい。
そして「恋のシグナルRin rin rin! 」は楽しいし可愛いしで
凛ちゃんの魅力がギューっと詰まっているのですが
振りが付くとさらに破壊力が増しますね。
毎回ライブで見るとやられている感じがします。
 
続いては西木野真姫役のPileさん、
凛ちゃんに「真姫ちゃん真姫ちゃん」と言われ
照れているような台詞を聞いただけでも高まっていましたが……
歌った「Daring!! 」はさすがのパフォーマンス。
観客を惹きつける力は群を抜いていましたわ。
 
にこまき!にこまき!って感じで矢澤にこ役の徳井青空さん登場。
NYLive同様にメガホンを持っての「まほうつかいはじめました!」
本当に「にこ」にピッタリな曲だよなー、
それをちゃんと「にこ」に歌わせているのが見事なんだよなー。
 
続いてはKKE!絢瀬絵里役の南條愛乃さん。
前回欠席で聞けなかったソロ曲が初披露ですよ。
ラブライブ!楽曲では多くないバラード系ですが歌声が心に響きまくる……
影のある感じが出ていて良い雰囲気でしたわー。
 
トリは東條希役の楠田亜衣奈さん。
声質か、はたまた歌い方が要因なのか……
「純愛レンズ」は何故こうも不思議な感覚を与えてくれるのか。
ことりとは違った可愛い声にノックアウトされかかってました。
 
 
15) START:DASH!!(3人バージョン)
のぞみんの台詞から「START:DASH!!」に繋げましたが
このライブはアニメのシーンを上手く取り入れていましたなー。
先ほど書いたとおりアニメでの登場順を考えると
この曲が来るわけですが……その前に3話の緞帳が上がる前のシーンを
3人が再現するのは反則すぎる。
でもこれがアニメの挿入歌ならではの武器なんだよなぁ。
ここでまた涙腺(ry
 
 
== ライブドラマPart2 ==
16) これからのSomeday

ドラマが挟まれましたが続けざまにアニメ曲を。
あの衣装が完全再現で、もうそれだけでもご馳走様な感じ。
さらに可愛らしい振付がフルで見られるなんて眼福でございました。
 
 
MC2
17) もぎゅっと”love”で接近中!
18) Wonder zone

MC2で生徒会組2人が「これからのSomeday」風衣装で登場。
可愛かった……2人とも可愛かった……
これで踊ってくれればとか思っていたらもっぎゅーですよ
「もぎゅっと”love”で接近中!」は甘々な楽曲ですが
PV本来の衣装ではない今回の衣装もなかなか良いマッチングでした。
さらに可愛い曲で畳み掛けの「Wonder zone」
アニメ中ではあまり動きが無かったのでどうなるかと思っていたら
うっわー振り付きだ、しかもこれは悶える、可愛すぎる。
こんなにしっかり振り付きで見られると思っていなかっただけに
今回のライブで1,2を争う衝撃度でした。
早く映像で見返したいわ、これ……。
 
 
== ライブドラマPart3 ==
19) 輝夜の城で踊りたい
MC3
20) WILD STARS

衣装チェンジ、何やら派手な……と思ったら輝夜でしたわー。
ライブ映えすると思っていた「輝夜の城で踊りたい」ですが
キラキラな衣装に小道具の扇子も相まって予想以上の出来。
9人が特に楽しそうに見えたのが印象的でした
MCを挟んでカッコ良い曲(かつc/w)繋がりで「WILD STARS」
この曲は踊りで見せてくれましたねー。
そしてにこまきを見逃すわけがなかったのですよ。
男役・女役を分けて表現するってのは面白い試みだったなぁ。
 
 
MC4
21) No brand girls
22) Snow halation

MC中に「お約束」な流れを見て終りが近いことを察しましたが……
動の「No brand girls」静の「Snow halation」と個人的には感じていて
対照的な2曲を最後に持ってきたのが唸らされましたね。
まずは「No brand girls」、これを踊れるのか……
そんな思いを払拭するすっごいパフォーマンス。
観客席との一体感もより高みへと到達し最高潮に達しましたわ。
そして最後は「Snow halation」
最後に聴きたい曲を最後にやってくれたって感じ。
観客の白→オレンジのシーンは何度見てもグッと来ますな。
そしてアンコールへ。
 
 
Enc1) START:DASH!!
MC5
Enc2) きっと青春が聞こえる

アンコールは9人が制服を着ての「START:DASH!!」
このライブ2回目なのに3人Verとは違った顔を見せるこの曲。
それは最終回を想起させるからなのでしょう。

そしてMC
結果が芳しくない中で頑張っていた時代を見ているから
最後のMCはもらい泣きこらえるのが必死で必死で……
締めはアニメのED曲「きっと青春が聞こえる」
ここでもにこまき!そして凛ちゃんのマラカス
明るい感じで締めてくれました。

 
「僕らは今の中で」をBGMにして退場していく9人に対し
観客席から歌声があがり、μ'sの9人も振り返って一緒に歌う。
ライブビューイング会場でも合唱が起きていたらしいのですが
言葉にならないぐらいの名シーンでした。
 
 
 
さて総括。
1st liveは、それまでの発表曲を1曲除いてというほぼ全部、
NYLiveは、ベストアルバム収録曲を1曲除いてほぼ全部、
過去2回のライブは「ここまでの私たちの歩み」を見せている感じでした。
 
では3rd Anniversary LoveLive!はというと……
CDのA面曲とアニメ版CD全曲(+ソロ)ですから
「歩みを見せる」という方針は変わっていないように見えます。
アニメからの人には「μ'sの積み重ねてきたもの」を見せると同時に
昔からのファンへは「新しい一歩を踏み出した姿」を見せました。
一歩一歩進んでいくというμ'sの精神がよく反映された
計算された構成に仕上がっていたと思います。
 
 
ゲーム化、SSAでの2daysライブ、そしてアニメ2期と
大ニュースも発表された「ラブライブ!NEXT PROJECT」
ラブライブ!は「みんなで叶える物語」だからこそ、
その「みんな」の力が大切!
「みんな」の力が集まればもっともっと進んでいける……
そんな事を改めて認識出来たライブでした。
 
しかしラブライブ!はライブを見れば見るほど好きになるなぁ。
SSAでの2daysが待ち遠しくて仕方ないです……
あ、今回のパッケージ化も出来る限り早くお願いしたい所ですわ。

もっともっと増やしたいね、マフラータオル

f:id:kei-an:20130617164620j:plain