読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

君のこころは輝いてるかい? ラブライブ! サンシャイン!!第2話

ラブライブ! サンシャイン!!

 本題に入る前に……1日に続いて9日にも内浦周辺に行ってきました。

 今回はラッピングバス・ラッピングタクシーのお披露目日。それに加えて伊豆長岡駅でTVアニメ放送記念乗車券の発売開始。
(参考 伊豆箱根鉄道&バス / 東海バス
 pdfには「※06:30修善寺駅発 温泉場線から運行開始いたします。」と書いてあったので、朝一番の運用を目指して修善寺駅まで向かいましたが……待っていたのは自分1人。まあ三島始発じゃないと出発時間には間に合わないですし、自分の撮ったような映像はその始発に乗っても間に合わなかったので、敷居はかなり高かったかも。まあ、1人しかいなかったおかげでじっくりと撮影出来て好都合でしたけどね。

 さてアニメ本編のお話に行きましょう。また予想混じりなので、そういうのを読みたくない人は回れ右しておいてください。



 ラブライブ!の時にはほとんど気配を感じさせていなかったのに、8話で「ぼららら」PVとリンクするシーンが出てきて、昔から追ってきたファンに大きな衝撃を与えました。という下地があったので、このサンシャイン!!では2話を見て「君のこころは輝いてるかい?」とのリンクするんだろうなと思い始めてきました。CDのドラマパートでは、梨子が断ったり協力したりしている内に仲良くなってAqoursとして頑張りたい、と変化した告白がありましたが、その流れを予感させる展開でしたし、またアニメーションPVではダイヤさんが千歌にダンスの見本を見せようとするなど、アニメのダイヤさんが見せたμ'sマニアの片鱗を感じさせるシーンも有りました。「君のこころは輝いてるかい?」の歌詞自体も作品のテーマに近いものと感じられますし、このアニメ序盤は「君のこころは輝いてるかい?」の歌詞に繋がる物語って感じちゃうんですよね。

 コミカルなパートを挟みつつも、1話よりもキャラの深みを表現していたこの2話。特にダイヤさんのマニアっぷりで大笑いしてしまいました。名前間違うとか良くないですからね!だから自分も記事中で「ラブライブ! サンシャイン!!」と正式名を書くように普段から心がけていますね。最初が「!」1個で最後が「!」2個ね!!!!!!!!!
 自分もダイヤさんも面倒くさいマニアなのですが、千歌も相当なレベルなんですよね。梨子が「ユメノトビラ」を弾いていたのを目撃した千歌が、歌詞の良さを語った後に薀蓄を語ろうとしていましたから。でも千歌を動かす原動力になっているのは、1話から描かれ続けてきた「スクールアイドルへ恋する気持ち」なのですよね。

「みんなを笑顔にするのがスクールアイドル」
 この台詞を聞いた梨子が高海さん呼びから千歌ちゃん呼びに変化します。
 加減は必要ですが「好き」という気持ちを発している事で周りが興味を持ってくれる、そんな例は自分もたくさん経験してきました。千歌が見せる溢れ出る「好き」という気持ち、そこに「ユメノトビラ」の歌詞が相まって梨子の気持ちを少しずつ動かしました。そして上の台詞に加え、手を触れ合わせようとして諦めない千歌の姿ですよ……主人公力の高さを感じさせますよね。
ラブライブ!サンシャイン!!1周年によせて - けいあんの御触書
 ここで「高海千歌ちゃんに『これぞリーダー』という信頼感が見られるようになった時、Aqoursはさらなる高みに上がっていくと思っています。それは夏開始のアニメでなされて欲しいとも思っています。」と書きましたが、その片鱗を見せてくれた展開で嬉しかったです。

 そういえば、千歌・曜・花丸・ルビィの4人でバスに乗っていた時に「沼津三の浦観光案内所」が写り込んでいてニヤニヤしちゃいました。この観光案内所、サンシャイン!!が始まって間もない頃からサンシャイン!!を支援してくれているファンにはお馴染みの場所。アニメ放送前に秋葉原駅で配布された「入学案内」がその日の夕方には寄贈されているなど、情熱溢れる多くの方によって中も凄い事になっていますので、内浦訪問の際にはぜひ立ち寄っていただきたいスポットです。
 ちなみに1日と9日の訪問時には善子 ヨハネ生誕祭仕様になっていました。この記事をupするのを 善子 ヨハネ誕に合わせたのもそれが理由だったりしますの。

f:id:kei-an:20160701120412j:plain

f:id:kei-an:20160701120441j:plain

3話のサブタイトルは「ファーストステップ」、ラブライブ!1期3話の「ファーストライブ」を想起させるタイトルになっていますが、ここが最初の大きな転機となるのか、とても楽しみです。