けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

ホームとアウェー ラブライブ! サンシャイン!!第7話

 見たのは3話まで、という状態描いたという「シマライブ!サンシャイン!!」をコミケで入手出来たのですが、アニメで描かれていない部分はこうなのかな?というifの物語を楽しく描いた「これぞ同人誌」という感じの快作でした。読んでみた感想としては、島本かず彦さんは予言者か……表紙からも分かる通りμ'sの物語も交えて描かれているので、ラブライブ!Projectが好きなら是非手に入れて欲しい1冊。自分は酷いオチになっていた最後の数ページで大爆笑していました。通販の告知は近いうちにあるようですよ。
http://urashimamoto.cart.fc2.com/news?news=257548
 サンプルは島本かず彦さん自ら宣伝したpostをご紹介。

 めったに増刷されないようなので、逃したくなければこまめにチェックして早めに、ですぞ。


 PVで順位が急上昇したタイミングで「東京スクールアイドルワールド」から招待メールがAqoursへと届き、東京へ出向くという物語。
 千歌の家の最寄りバス停「伊豆三津シーパラダイス」から「沼津駅」が約40分740円。沼津駅から鈍行で秋葉原駅まで2時間半弱で2270円。片道だけで3時間以上 3000円もかかりますから、内浦から東京へ行くのは一大イベント。という事で元音ノ木坂学院生の梨子以外は、お上りさん状態になってしまうのは仕方ないよね。しかし道中でさりげなく根府川駅を映すとかずるいよMagnetic today……。東京でも、みなが興味のあるものに目を向けてしまうという、Aqoursメンバーが秋葉原でも浮足立つ姿が描かれていました。しかし、善子・曜はこれまで見せていたからともかく、梨子にさらなる属性が追加されてしまうとは……。
 そういえば「ラブライブ!The School Idol Movie」で外国の都市が秋葉原のようだと思って、普段通りの振る舞いに徐々に戻っていったμ'sとは対照的ですよね。この辺も内浦という地理を上手く活かした変化になっています。


 同級生が持ってきた差し入れはのっぽパン。直営店での取り扱いはこんな感じですが、アニメ登場後はかなり早く売り切れるようになっているので、買いたい方はご注意を。
 その同級生からの激励を受けたことで、期待されるプレッシャーを感じる事となった千歌。期待されるプレッシャーをすでに経験している梨子。この2人がこれを乗り越えられるかが今回のイベントの肝となるでしょうか。
 前後しますが、神田明神で出会ったのがセイントスノーの2人。後にイベントで再会することになりますが、Aqoursに先駆けて出演するようで、まだ知名度は低い感じなのかな。そんなセイントスノーがどのようなパフォーマンスを見せるのかが楽しみですね。Aqoursはこれまで順位こそ気にしてきたものの、他のスクールアイドルと直接会ったことは無いです。そりゃ周りに学校が沢山有る場所じゃないですからね。そんなAqoursが他のスクールアイドルを見てどのような変化を見せるのかが楽しみです。