読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

送り出す勇気 ラブライブ! サンシャイン!!第10話

ラブライブ! サンシャイン!!

 うちのTLでも内浦訪問者がガンガン増えている今日このごろ。10話放送日にちょうど安田屋旅館に泊まっていた方が、出てきたシーンを早速投稿してきましが、アニメで出てくるシーンが本当に再現度高いのですよ、ラブライブ! サンシャイン!!は。

  ずっと羨ましく見ていましたが、5日に約1ヶ月ぶりに内浦に行けそうです。これまでは通っただけだった所も、アニメで印象的な場面で使われていたので、それらもチェックしながら楽しんでこようと思います。毎週毎週、新たな見どころが放送中に増えていくってのは嬉しい悲鳴ですよ。そろそろ大雑把に回っても1日じゃ足りないレベルになりつつありますし。

 

 さてさて、あのサブタイトルでこの展開を突っ込んできたか……と思わされた10話ですよ。
 前半はギャグ多めのパート。ダイヤがようやっとスクールアイドルを出来るようになって、もちろんあの2人と一緒に活動に出来るのも嬉しかったのでしょうか、これまでの堅物ぶりが嘘のような弾けっぷり。でもこれはAqoursの一員となり、仲間となったからこそ殻を破れたという感じでした。果南は終始マイペースで、鞠莉は昔のように戻った2人を見たからか、これまで以上にうざったい感じに。3年生3人がそれぞれ「あの頃」を取り戻したかのような描写になっていたのが、ギャグパートながらもグッと来ましたよね。


 しかしそれが撒き餌でしか無かったわけですよ、ええ。

 ピアノコンクールの話をひょんな事から聞いてしまった千歌。2話ではスクールアイドルに誘うために、あの手この手で梨子を誘い込もうとしていた千歌が、梨子の心の中にあった引っかかりの素だった「やってみて 笑顔になれたら 変われたらまた弾けば良い」と誘った千歌が、梨子がスクールアイドル活動を活き活きとやるようになったのを見て、ラブライブ!の予選日と重なっているのにも関わらずコンクール出場を後押しをする。
 0票だったあの投票結果を受け入れつつ振り払い、ここから9人で前進していくぞ……という流れでこの選択が出来たのが驚きですが、上述のやり取りをした千歌でかつ9話でリーダーとしての器を見せ始めた、という複合的な要因があったからこそ出来た行動だと感じられました。


 そう言えば千歌が歌詞づくりに苦しむシーンがありましたが、畑亜貴さんも苦しむ事があるのかなぁ……いや無いわけじゃないだろうけど、ラブライブ! サンシャイン!!のアニメ挿入歌に関しても、物語をより彩る詩を書いてくださっていますしね。ただそれだけの素晴らしい楽曲だからこそ産みの苦しさはなかなか想像し難いわけですが……。