けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

もう1度 ラブライブ!サンシャイン!! 沼津・内浦&西浦お宿探訪パズルラリー 対策会議室

 パズルラリーって楽しい!!!!!!!!!

 2周目が終わり(しかしピース忘れで完了証明書は未受領)、3周目に取り掛かりはじめている私 @kei_an です。1回で良いじゃないか……と思われるかもしれません。パズルラリーって結構お金かかるんでしょ?ともよく言われます。確かに最低でも13000円かかる上に交通費も必要と、ハードルは結構高いです。しかし金額分のサービスを受けている上に、おまけでパズルが付いてくると考えると全然高さは感じませんし、各お宿や近傍のスポットの魅力を発見できるのがパズルラリー。だからこそ何度でも周回したくなるのですよ。

 (追記)4/1現在で3周目が未完成(とさわやさん2連続臨時休業に遭遇)ですが、4周目が進行中です。

f:id:kei-an:20170403064339j:plain



 このエントリは、期間が延長されたのでこれから始めようとする人への参考にと再度まとめておこうという趣旨です。以前のエントリパズルラリー公式サイトも読んでおくと良いかもですが、この記事単体でも理解できるようにはしてあります。この2つは最後にも置いておきますので、このエントリを読み終わった後に見るのも良いかと思われます。

 またパズルラリー参加お宿の休業情報についてはパズルラリー公式サイトに書かれていますが、安田屋旅館だけは宿の公式サイトでしか確認出来ませんのでご注意ください。
 休みを調べるのが面倒だという方には、自分が作った休店日カレンダーをおすすめしますね。

それではアドバイスの方へ行きましょう。


その1「1日で回りきるのがかなり大変になりました」
 以前のエントリで1日で回ったと書きましたが、その時と大きく状況が変わっています。「安田屋旅館」の日帰り入浴実施時間に変更があったからです。

 変更前 12:00~20:00
 変更後 12:00~14:00/18:00~20:00

 2月28日から宿泊者が居る時間は、夕食時間を除き日帰り入浴が出来なくなっています。三の浦総合案内所が16時に閉まるので、14時までに日帰り入浴が出来ないと1日での完成が出来なくなります。しかし「駿陽荘やま弥(14:30まで)」「浜の家(15:00まで)」もあるのでゆっくりの入浴も出来なさそう。敢えて1日で回るとするなら、こんなスケジュールになりそうです。

10:00~11:00 オーシャンビューフジミ → シーサイドイン大瀬館
11:00~11:30 移動
11:30~12:15 駿陽荘やま弥
12:15~12:30 移動
12:30~13:30 安田屋旅館
13:30~15:30 浜の家・松濤館・とさわや

 こんな感じで回って、三の浦総合案内所に向かう形でしょうか。このスケジュールは自前での移動前提です。公共交通機関利用でも出来なくはないでしょうが、かなり大変です。最初の移動時間が少し長くなっても良いなら、「大瀬崎2軒」→「駿陽荘やま弥」まで徒歩移動するのもありかも(実際やった人もいます)。その際は食事ではなくお土産対応にしてもらうと、時間的猶予は作れると思います。3軒とも食事だと時間が足りなく……え、そんなに食べられない?そうですよねー(自分基準で考えてしまった)。
 という事で1日で回るのはかなり大変なので、やろうとする人は綿密な計画と移動手段の確保が必要です。1日じゃなければ余裕ありますけどね。


その2「短時間で完成させたいならお土産も選択肢に入れる」
 安田屋旅館以外の6つのお宿には、それぞれ食べて欲しい物があるのですが……対応時間に制限有りでさらに6食も食べるのは、2日かけたとしてもかなり大変。という事でお土産対応してくれる「松濤館」「駿陽荘やま弥」「オーシャンビューフジミ」「シーサイドイン大瀬館」の4軒ではお土産でのピース確保も視野に入れるべきでしょう。
 大瀬崎の2軒はお菓子類が豊富なので、楽しんで選ぶことが出来ます。「駿陽荘やま弥」では海苔がオススメ。「松濤館」のお土産は品のあるお皿で思い出としてぴったりでしょう。
 「安田屋旅館」は日帰り入浴+千歌ちゃんタオル×2でちょうど2000円になるので、このパターンがベストかな。

その3「食を楽しむ」
 本当は7つの宿全てに泊まれれば良いのですが、それは金銭的によりも時間的に厳しいですよね。ですので食事でお宿の良さを感じ取って欲しいわけですよ。という事で各お宿で自分が食べたり、友人が食べたりしてのオススメを挙げていきましょう。

「安田屋旅館」
 こちらは喫茶。入浴後にのんびりとコーヒーを頂くのが良いですね。落ち着いた雰囲気の中で色紙やグッズを眺めながらのんびり過ごせます。

「とさわや」
 ラブライブ!シーフードカレーが用意されていますが、降幡愛さんが頼んだまな板定食も良いですね。自分が食べたのは天婦羅定食や太刀魚塩焼きなど、目移りしてしまうぐらいメニュー豊富ですよ。

「松濤館」
 デザート付きドリンクのみで選択肢はありません。自分が食べた時はプリンで、今はムースが出されているとの事で、時期によって内容は変わるようです。美味しさはもちろんですが、あの砂浜・あの桟橋を見ながらの食事は、美味しさをより一層引き立ててくれるような感じがします。

「浜の家」
 ここは1ピースお宿なので結構楽です。とさわやさん同様刺し身系メニューが豊富ですが、自分は生魚が駄目だったのでさざえの壺焼きでクリアしていました。三津海水浴場を見下ろしながら食べられるので、天気が良い日に当たると嬉しい宿です。

「駿陽荘やま弥」
 卵が凄いのですよ、卵が。その卵を活かした鯛丼は多くの人が褒めている一品。鯛丼も入った2ピース用のセットメニューもあるので、パズルピースを得たいならこれを選ぶのが楽かも。後はなめろう丼も卵を使っています。自分は伊勢海老汁を注文したことが有りますが、大きい海老一匹が入っていて満足度が高かったです。
 (3/21追記 エビフライ定食にもとんかつ定食にも温泉卵が付いてくるので、色々なメニューで卵は楽しめますね)

「オーシャンビューフジミ」
 大瀬崎の新名物みかんじるこを食べるならこちらで。ちくわや玉ねぎなどをたまごでとじてご飯に載せた玉子丼は、中学校時代の部活帰りに食べた味に似ていて「ああ、こういうシンプルなの良いね」となってしまうのですよ。他のメニューも懐かしい食堂感が感じられるものばかりなので、自分は好きな食処の1つです。

「シーサイドイン大瀬館」
 ここも古き良き食堂感溢れるメニューが多め。カツカレーは値段の割にはボリュームあり。自分は生魚駄目なので食べられませんが、大瀬丼の評判が良いので、そちらを食べるのも良いかも。しかし食べるだけで2000円にするのは大変なお店だったりします。そこまで高くないんですよ、こちら。


その4「移動について」
 何日か・何回かに分けて訪問するなら綿密な計画は必要ないでしょう。しかし短期間で公共交通機関のみでやる場合には、時刻表に合わせて行動していく必要があります。時刻表はパズルラリー公式サイトにあるので、そちらで確認を。
 車は持っていないけど免許ならある……という方にはレンタルバイクをオススメ。春が近づき暖かくなりつつあり、原付バイクで気持ちよく走れる季節になってきました。沼津駅近くの「レンタルバイク沼津駅前店」や、駅からは少し離れた「YSP沼津」の2軒があります。公共交通機関より少しお金はかかってしまいますが、時間に囚われず動ける自由度の高さを考えると選択肢としては有りだと思います。

 公共交通機関だけでやった方もおられますので、それを目指す方はこちらのエントリを参考に。

 

 今からパズルラリーを始めたい人に向けて、気付いたことを書いてみました。
 「移動が大変」「お金が……」というのをよく見かけてしまいますが、2周目・3周目もやろうとしてしまう楽しさがあり、発見も出来るのがパズルラリーなので、ぜひ時間とお金の都合を付けてチャレンジし、完成させてほしいです。そしてこのエントリがそのお手伝いとなれば幸いです。





そしてパズルラリー公式サイトはこちら。