けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an メールはfake.kei.an@gmail.com

109シネマズ プレミアム新宿で初鑑賞

 昨年、オープン直後にスタバにはお邪魔していた東急歌舞伎町タワーですが、上層階にある映画館へ行く機会が出来たので行ってきました。

 歌舞伎町タワー自体が「ラブライブ!」とのコラボイベントをやっていまして、その一環としてリバイバル上映が行われた形です。リバイバル上映はもう終わってしまいましたが、まだコラボイベント自体は続いています……が、あの建物内でコラボをやるというのが意外でした。最初に訪れたのが夜だったからか、とんでもない治安の良さだったので……

 映画館含め上層階は落ち着いた雰囲気でしたが、値段に見合った落ち着いた空間が用意されていました。


 上映開始1時間前からここのラウンジで待機できるのですが、映画の席数に対してラウンジはちょっと少なめかな……値段の影響で埋まるほど来ないのかもしれませんが。
 別にCLASS S用のラウンジ「OVERTURE」もありまして、こちらは鑑賞後に1時間利用出来るので、余韻に浸るのにも良さそう。


 しかしこの高級感溢れる劇場でこの作品が見られるというのは変な感じです。


 映画館なのだから鑑賞体験がいちばん重要。簡単に書くと「値段相応の価値がある鑑賞体験ができる」です。価格だけを見ると高いと感じますがウェルカムドリンク & フードが含まれていますし、前後左右の人が気にならない余裕のある座席設定は没入度を高めてくれます。
 スクリーンもかなり大きく感じられますし、音も平均レベルは確実にクリアできている感じ。隣のスクリーンで大きな音が出されたときに、こちらに響いてくるかが心配になりますが、そのような経験がまだないのでこの点だけは気になる所かな。

 新宿のプレミアム系シートは新宿ピカデリーのプレミアムシート・プレミアムルームがありますが、ほぼ互角と言える内容でした。景色と全スクリーンで同じ体験が出来る点ではこちらの方が上ですが、新宿ピカデリーの「舞台挨拶参加者」の待機所と同じ場所に入れるという経験もまたとないもので甲乙つけ難いです。
 また見たい映画が出来たら選択肢の1つにはしたいですね。

シロノワールに合うドリンクについての語り

 またタイトルで全部言っちゃっているシリーズです。
 最近は間断なく限定メニューが提供されていますが、今回はあくまでノーマルなシロノワールについての考察です。


・コーンスープ
 個人的一押し。甘いシロノワールにちょっとしょっぱいコーンスープが互いを補完し合う感じでとても良いのです。コメダ自身が運営しているファンサイト「さんかく屋根の下」で「シロノワールに合うドリンクは?」的な質問があったのですが、コーンスープと答えたのはとても少なかったです……が、合うので是非試してみてください。
 というかコーンスープがメニューに有るのを知らない人が多かったりしますね。

・ミルクコーヒー
 敢えてのミルクコーヒー、甘み抜きの方がより良いです。ミルク比率が低いカフェオレ、ミルクなしのブレンドコーヒーも良いのですが、コーヒー系メニューで1つ選ぶとなるとミルクコーヒーがお気に入り。苦いまで行っちゃうとシロノワールの甘みとの対比が際立ち過ぎちゃうと思うのですよね。

・サマージュース
 バナナジュースと迷いましたが、ソフトドリンク枠だとこれが一押し。甘夏のつぶつぶ食感と酸味あるドリンクが、甘くなった舌をリフレッシュしてくれる高め合う組み合わせ。


・ポテトバスケット
 飲み物じゃないけど入れておきます。ポテトとシロノワールは昔から望んでいた組み合わせだったのですが、一部店舗でポテトバスケットの提供が始まったときには感無量でしたね……今はほぼ全店舗で導入されていますので是非試してみてほしいです。

 





【2023年11月版】 吉野家イベントについての覚書

 今ので5回目のイベントになっているので、ルールや注意事項の覚書。これだけ読めば大抵のことが分かるエントリを目指しています。

 これまで吉野家で開催されたポイント型イベントは、開催中も含めて計5回。それらを一覧にするとこんな感じです。

キャンペーン名 ポイント
取得条件
1日あたり
制限
1回あたり
制限
1ポイント増
魁!!吉野家 300円 1回
(260日間)
1ポイント 29日
吉野家領域展開中 特定メニュー

なし
(28日間×2)

なし
牛ポ 300円 1回
(100日間) 
1ポイント 29日
牛ポ
シーズン2
500円 1回
(100日間) 
1ポイント 29日
牛ポ!
ウルトラ大作戦
500円 なし
(100日間) 
なし

7日・17日
27日・29日
1会計ごと+1P

吉野家の達人』 牛ポ!
ドンドンまつり
500円 なし
(100日間) 
なし

29日
1会計ごと+1P

るろうに吉野家
ー明治牛丼浪漫譚ー
※500円 なし
(100日間) 
なし

29日
1会計ごと+1P


 最初の「魁!!吉野家塾」がテストとしてやっていた感じでして、その後のキャンペーンでは通常の牛ポ系イベントは1日1回制限、コラボ系は制限なしとわかりやすいシステムになっています。

 シーズン2以降は1ポイント獲得に500円以上の会計が必要となり、メインメニューの牛丼並盛りのみでは届かなくなりました。

 さらに最新のキャンペーン「るろうに吉野家 ー明治牛丼浪漫譚ー」ではクーポン等の値引き前の価格から、値引き後の価格でのポイント付与に変わりました。これはまあ仕方ないですね。という事で下の画像のようなポイント取得が出来なくなりました。

 また景品交換時に取得ポイントが引かれることになりました。まだ試せていないのですが、同じ景品を複数回取得できる可能性があります。

 気をつけるべき点としては、牛丼無料券・株主優待券・商品券(旅行支援等で貰えるものを含)を使った時です。これらを利用した分はTポイント・楽天ポイントが発生しないので、購入情報が吉野家側に送られずポイントが付与されない可能性があります。ポイントが発生しない200円未満の会計となる場合には吉野家のバーコード(下の画像一番右)で会計をした方が良いです。

 もしポイントが付かない事象が発生しても、レシートがあれば問い合わせを経て後日に付与されます。なのでレシートは大事に取っておきましょう。



 最新のイベントで大幅な変更が来たので改訂してみました。軽めのイベントが続いていますが、景品全取得は比較的容易なので、この記事を参考にチャレンジしてみてほしいです。

DAZNへのNFL Game Passを2ヶ月使ってみて

 NFL Game PassがDAZNでの扱いとなり、昨年のように見るならDAZN経由が必須となりました。いろいろ不安はありましたがWeek08(残1試合)まで使ってみての感想を認めておこうと思います。


良かった点
・生放送の試合は放送時の状態で(いまのところは)ずっと見られる
 NFL Game Passの時にはライブ配信をした後にある程度の時間が経つと、CM部分がカットされた動画に置き換わっていたのですが、DAZNの管轄になってからは処理がなされなくなっています。つまり現地CMをずっと見放題です……良かった点なのか、これ?

アーカイブが期限無しで見られる
 今年度分はプレシーズンから全部見られますし、過去シーズンのアーカイブは2012年分からの残っていますがこれも全部見られます。他のスポーツではアーカイブを見られる期限が決まっていて、そのうち見られなくなるので、過去の状態を維持しているとは言えDAZN移管で一番不安視されていた点が解決されているのは良かった点です。


・日本語でサポートしてもらえる
 DAZNに内包された事で、困ったことがあった時のレポートが日本語で済むようになりました。今までも何回か不具合を報告していますが、日本語で済むのはとても楽です。
 今までした不具合報告としては「Week◯の△@▢のアーカイブが存在しない」「Week◯の▢@✕のアーカイブが、☆@▷になっている」などです。これらは報告して1日程度で修正がなされています。


改善して欲しい点
・スキップ時間が30秒
 これが本当にだめ。1プレイが10秒に満たない事も多いアメフトにおいて、30秒も戻すのはとても体験が悪い。プレイが終わった所で10秒戻すと同じプレイを再度見られるのが多いので、アメフトにおいてスキップ時間は10秒が望ましいですね。CMを飛ばすときは楽ですけど……
 という事で私はChrome拡張機能ビデオスピードコントローラー」を使っています。これで10秒送り・10秒戻し問題は解決しましたが、公式で付けて欲しい機能ですよ、これ。

・生配信の後追い視聴が不安定
 これはX(Twitter)での検索でも見かけていますし、経験した人もそれなりにいると思うのですが、リアルタイム視聴では問題ないのに少し時間をずらして視聴すると挙動が不安定になります。
 とはいえ開幕週で酷かった部分もかなり減ってきており、改善の声は届いているようです。


 とりあえずNFL Game Passが昨年までとほぼ同等に見られる環境になっているのは満足しています。あとはスキップ時間の変更と安定性向上がされれば、自分は満足です。DAZNさんには頑張って欲しいですね。

ラブライブ!スーパースター!! Liella! 4th LoveLive! Tour ~brand new Sparkle~

 簡単にはなりますが感想を。いつもとは違った形でお送りします。

 まずはユニットの感想から。

 <KALEIDOSCORE edition>
 唐可可役 Liyuuさん、葉月恋役 青山なぎささん、ウィーン・マルガレーテ役 結那さんによるKALEIDOSCORE。しっとり聴かせるタイプのユニットですが、普段の3人がふざけるタイプなのでギャップが強く感じられました。
 共通曲「What a Wonderful Dream!!」はピアノから入るアレンジで3人が着席で歌い上げるスタイル。ダンスはなく歌唱だけで勝負を挑んでくるあたりが、ユニットの趣旨にも合っていて良かったです。

 <CatChu! edition>
 澁谷かのん役 伊達さゆりさん、平安名すみれ役 ペイトン尚未さん、米女メイ役 薮島朱音さんのCatChu!。演じるキャラが熱血的な3人によるユニットは情熱的な楽曲揃い。泣いちゃいやすい3人と思っているのは自分だけでしょうか。
 共通曲「What a Wonderful Dream!!」は、ユニット曲同様のロックでアレンジ。「だって巡りあえてうれしかったよ ねえ」を米女メイ役 薮島朱音さんに歌わせ、先輩2人が両側から肩を寄せ合うとかずるいでしょ。

 <5yncri5e! edition>
 岬なこさん、桜小路きな子役 鈴原希実さん、若菜四季役 大熊和奏さん、鬼塚夏美役 絵森彩さん、鬼塚冬毬役 坂倉花さんの5yncri5e!。曲からも分かっていましたがダンスで魅せるユニット。1人だけスボンなのずるくね。
 共通曲「What a Wonderful Dream!!」は、エレクトロなアレンジ。ダンスユニットが映えるアレンジでとてもよろしい。


 3期生について。11人曲が少ない上にアニメMVが無いので3期生2人のLiella!ならではの動きは未だ未知数です。参加曲数が少ないので体力的な面での心配が払拭されていないので、次の単独ライブでのパフォーマンスに注目です。

  ライブ構成について。仕方ないのだけど1人曲が増えると少し間延びしちゃう感じがしますね。Liella!は1人曲以外では統一された衣装でパフォーマンスをする上に、同じ衣装でも最大で5曲程度なので間に息を整えるMCが入ってメリハリが付くのですが、連続5人の1人曲ともなるとこれが崩れちゃうのですよね。曲が立て続けの方が満足度は上がるのかもしれませんが、アニメ発のグループと言うよりはパフォーマンスなグループになりつつあるので、充実したパフォーマンスを見たいのですよ……痛し痒しです。
 今回はアニメMV付曲がかなり少なくなっていた点もパフォーマンス中心のグループになっていると言った一因です。でもそう言われても大丈夫なぐらいの質は見せてくれていると思います。ただラブライブ!シリーズはシンクロパフォーマンスが売りの1つでもあるので、次のライブではそれを見たいなぁ。

DAZNに移ったNFL Game Passのだめなところ

 即答です。進む・戻るが30秒ずつしか出来ないところ、これに尽きます。

 生で見る時にはそれほど影響はないのですが、同じ時間帯の試合が半数はあるので、それらはアーカイブでの視聴となります。アーカイブ視聴で一番やりたいのは「見直し」、ほとんどのプレイが10秒かからないNFLでは30秒戻しではすぐに見直すことが出来ず、無駄な時間が生じます。DAZNでの「Highlights」はNFL Game Pass時代の「Condense」と同等で、全プレイを網羅しつつもプレイ間を削り、40分ぐらいにまとめたものなのですが、これも1プレイに対して20秒程度に編集されているので30秒進む・戻るでは使い勝手が悪いです。

 他の使い勝手はそこまで悪くないと感じましたが、週ごとに試合がまとまっていないように見えるのは不安材料。試合日よりも第◯週という情報の方がありがたいんですよね。

 大手配信サイトなので、繋がりやすさの面では向上する……のかなぁ?これすらも落ちるようであれば「余計なことしやがったな」になってしまいそう。

 とりあえずシーズンが始まってヘビーに使うようになったらまた書き留めようと思います。良い点、あってくれよ!

カレーうどん屋 咲々 についてのあれこれ

 @tetetep のおすすめだったカレーうどん屋 咲々。相模原・厚木にあったのですが、3月に山梨へ移転してきてとても行きやすくなりました。

 そんなカレーうどん屋 咲々が移転してきて今日で20回訪問したので、「大好き」の気持ちを込めて感想を認めるエントリです。


 メインは神奈川にあった頃と同様に「あったかいおうどん」と「つめたいおうどん」のみ。そこにトッピングでアレンジできるスタイルです。
 「あったかいおうどん」「つめたいおうどん」ともにカレースープは温かいものになっていて、スープの中にうどんが入っているのが「あったかいおうどん」、麺が別盛になっているのが「つめたいおうどん」です。

 トッピングは神奈川時代よりも少し減っていますが、毎週行っても問題ない6種類+ライス・つけパンが用意されています。下の画像では「野菜増し」がありますが、今は中止中。お野菜高いのかな……。

 裏面にはハーフのメニューとドリンクメニューがあります。少食な人にはこちらがおすすめです。
 メニューにも書かれていますが、麺を食べ終わった後にはご飯を入れてリゾット風にするのもありです。元々飲みやすいスープになっていますが、ご飯を入れると優しい味わいのカレーライスとしてもいただけます。
 つけパンも締めとして抜群の味。ごはんとパン、どちらか迷ったら両方食べてしまうのも良いです。


 トッピングについて。今は「温泉たまご」「もずく酢」「チーズ」「自家製牛チャーシュー」「ビーフシチュー」「牛すじ煮込み」が用意されています。個人的にお気に入りの「煮込みハンバーグ」がなくなっているのが残念ですが、相模原のお店でも徐々にメニューを増やしていったので、山梨の店でも販売されることを期待しています。


 個人的なおすすめは「ビーフシチュー」。最初に食べたのも
カレースープとブラウンソース、それらを混ぜての3種の味わいが楽しめる上に、讃岐なおうどんと柔らかく煮込まれたお肉の対称的な歯ごたえも楽しめる、お得感があるメニューです。


 車では行きやすい反面、車がない人はちょっと行きにくいですが、歩いていった後に周辺にある温泉施設( 神の湯温泉湯めみの丘 )などで汗を流すのが良いと思います。

 ずっとずっと続くお店になると良いなぁ……と思いつつ、しばらくは高頻度で通い続けようと思ってます。