けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

今年も女川町へ行ってきたよ

東日本大震災から5年……という事は今年で5回目となる「女川町復幸祭」へ今年も行ってきました。
昨年は女川駅開業という大きな変化がありましたが、今年もさらに変化が見られて、復興への歩みが少しずつ進んでいるのが見えました。 そんなお祭りの感想も含めて3日間に詰め込んだ予定を振り返っておきましょうか、というエントリです。


・0日目
朝8時30分の映画(キンプリ)を見たいけど、家から出発するとなると渋滞を加味しても5時出発……では途中のPAで寝ちゃえば良いのでは、という事で仕事が終わってそのまま石川PAまで移動。24時ぐらいから6時間ぐらいぐっすりと。
この日の走行距離は80kmほど


・1日目
朝6時に起きて身支度をすぐに済ませて新宿へ。バルト9のキンプリ→渋谷アニONカフェのはしごをした後に、13時から運転開始。今回の目的の1つが国道6号走破だったので、軽く遠回りになるのを承知で日本橋国道6号起点)を通過してから国道6号をのんびり走行。予定ではいわきぐらいで日が暮れるかなぁと思っていましたが、序盤は混んでいてペースが上がらなくていわき到着は19時過ぎでした……。 銭湯行って、軽く買い物を済ませてから道の駅よつくら港で車中泊。うちの車だとフラットにして寝られるので、そこまで疲れは残らないんですよね。
この日の走行距離は、新宿まで35km、新宿からいわきまで230km、いわきでのうろうろで15km


・2日目
朝6時に起きて身支度しつつ、RSSチェックもしてしまう普段通りの起床後の流れ。ここでガソリンを入れておけば帰りまで持つだろうという判断で出発前に給油。朝9時に出発して国道6号走破完了が13時前。2日間で10時間強かかったかな。途中で帰宅困難地域を通ったのですが、5年前で時が止まったまま……これは通って実際に見てみて正解でした。復興が進む場所がある一方で、まだこんな場所もあると実感できたのは収穫でした。国道6号走破が終わった後は、祝杯代わりのシロノワール。去年も当時最北端だった仙台富沢店に行ったので、今年も現時点で最北端の富谷店に訪問。どこでも変わらぬシロノワールの美味しさを堪能した後は、買い物を経て109シネマズ富谷でキンプリ応援上映、コメダの近くに上映劇場があったんだから仕方ないよね。映画が終わってから1時間半近く移動してホテルへ。この日は女川町にあるホテル・エルファロさんにお世話になりましたが、トレーラーハウスをは思えないぐらいの綺麗な部屋でしたね。来年もまた泊まりたいなぁ。
この日の走行距離は、いわきから富谷で160km、富谷でうろうろ5km、富谷から女川まで75km


・3日目
朝6時に起きて身支度。車で2分で目的の「女川町復幸祭」会場へ到着。早く着いたおかげで至近の駐車場にも停められて楽ちんでした。いつものさんまを食べたり、復興計画の模型をみたり、つぶやいているおやっさんの出店をはじめあちらこちらで買い食いしてがっつりお金を使い、流された後ようやく戻ってきた「金華楼」さんでも食事。水木一郎さんのサービス精神旺盛なステージを見た後に、祭のトリとしてお馴染みの「水曜どうでしょう」D陣のトークショーを堪能。トークショー‪はネットに流せないような酷いネタが多すぎて何度も大笑いしましたね。女川を16時に出発して一気に南下、新宿ピカデリーで24時開始のラブライブ!オールナイト上映に向かいました。何箇所か渋滞情報は流れてきたのですが、到着する頃には全て解消していてすんなりと新宿到着。オールナイトイベントを楽しみました。
この日の走行距離は、宿から祭り会場まで+αで3km、女川町から新宿までで440km。

☆つぶやいているおやっさん

f:id:kei-an:20160326100457j:plain

・4日目
オールナイトイベントが終わって6時半前。まだ元気が残っていたので、そのまま帰宅の途に。無事に家に到着し、旅も終わりました。
この日の走行距離は、新宿から家まで140km。


今回は国道6号の走破がとても意義深く感じられました。早くあの地域にも日常が戻ると良いなぁ……一方で女川はすっごく前向き、自分よりもよっぽど大変な状況なのに、あの前向きさは見習わないとな。元気も分けてもらえた感じでした、あとてきとーに生きていく心構えも^^; 来年も「女川町復幸祭」があれば行く予定で居ますが、今度はもう少し北の方も見て回りたいです。