けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

胸にえがく場所は同じ ラブライブ!2期13話

2期のテーマは「みんなで叶える物語」の再確認だったのかな、
そんな思いが日に日に強くなっておりますが
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

のぞえりが見守る2年生組に受け継がれた生徒会、
にこが花陽を指名したアイドル部部長、
この次代に託すという描写から、ラブライブ!
学園を守るための物語であり部活ものであると改めて実感。
屋上での「ありがとうございました」のシーンも
思い出の場所との別れというのは自分も経験があるだけに
予想以上に心に来るものがありました。
挿入歌でも「愛してるばんざーい!」「Oh,Love&Peace!」と
涙腺を刺激してくる曲を惜しみなく投入してきましたし
描かれていた表情や声優さんたちの演技も相まって
お別れムードが高まっていく事に対して耐えるのに必死でした。

しかしながら、個人的にはここからが本番って感じ。
13話を見終えて真っ先に感じたことは
「現実でのラブライブ!プロジェクトとの混濁」。
アニメ化前は誌上連載とCD展開がメインでしたが
どちらも季節は過ぎるが進級はしないという流れでして
「夏色えがおで1,2,Jump!」が発売された時にも
「Snowhalation」の後に夏の曲って時間経過どうなってるのよ?
って突っ込みは多かったのをよく覚えています。
13話はその流れを追体験できるような作りに感じられたのですわ。
実際、アニメ中で使われたのが「ぼららら」「スノハレ」ですから
偶然かもしれないですがその流れに合致しちゃっているわけですよ。

最後の挿入歌「Happy maker!」に関しては
2期最初の「前回のラブライブ!」と対になっている感じで
「LoveLive!2nd」のポスターが貼られた校内で踊っていましたし
主要キャラ全員が顔見世してとカーテンコールの様相、
「Oh,Love&Peace!」以降はカーテンコール扱いですね、あれ。
という事でアニメとしてのラブライブ!は一区切りさせたけど
ラブライブ!プロジェクトは続いていくという事を
両立させた面白い構成だったなと思いました。

アニメは一段落しましたが、メインである誌上連載は続きますし
ゲームも出ますし、スクフェスはまだまだ盛り上がっています。
そして来年にはSSAライブ、ファンミーティング、
劇場版も早ければ来年には公開になるでしょう。
今回発表はなかったですがメインコンテンツの1つである
CDの発売もあるはずですし
未発表の色々なイベントもあるでしょう。
5年目に突入したラブライブ!ですが
まだまだ私を離してくれなさそうですよ。


なぞのすうじ
359/298/295/273/269/265/261/256/253/241/238/223/219 (3450)
143/101/95/85/76/73/69/65/61/52/47/43/22 (932)