読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

ラブライブ!サンシャイン‼︎ × 雄大 SUN!SUN! サンシャインCafeへ行ってきました

ラブライブ! サンシャイン!!

 8日から始まった「ラブライブ!サンシャイン‼︎ × 雄大 SUN!SUN! サンシャインCafe」へ行ってまいりました。

 地元新聞の記事では公式カフェと呼ばれていまして、コラボカフェとは一線を画しているのかな……主導が異なるのかしら。運営は沼津を中心に飲食業を展開している「雄大」さん、元々同じ場所でビアガーデンをやっていたのですが、その場所をサンシャイン!!仕様に衣替えしての営業です。

 もともと飲食業を中心にやっている会社だったので、食べ物の質に関してのクオリティは心配していませんでしたが、どのメニューも美味しかったですよ。今回、自分が頼んだのは「曜ちゃんのヨキソバ」「しいたけ餃子」「ラブライブレード!(からあげ)」「ダイヤの贅沢スウィーツプレート」「ルビィちゃんのおいもちゃん」とドリンク9人分です。こんな感じ(ドリンクを君ここポジションにするつもりが、ちかりこの配置を間違えるというテイタラーク)

f:id:kei-an:20161108112104j:plain
f:id:kei-an:20161108112229j:plain
f:id:kei-an:20161108112656j:plain
f:id:kei-an:20161108113034j:plain
 いやー「ヨキソバ」の再現度かなり高くないですか。集合写真のときにはケチャップが滑り落ちちゃっていましたけど、単品で撮った時に「やりおるな」って思っちゃいましたからね。「しいたけ餃子」もシンプルながらしいたけの風味が邪魔しない程度に馴染んでいましたし、「ラブライブレード!」は骨なしのチキンで柔らかくて、全て美味しかったです。
 デザートの「ダイヤの贅沢スウィーツプレート」はめっちゃ抹茶。タルトがプリン風にしてあってまさにダイヤ様向けメニュー。そしてダークホース「ルビィちゃんのおいもちゃん」、紅天使めっちゃ甘くてびっくり。アイスとの相性も良くておすすめの一品ですよ(ただしコースター非対象)。

 今回は食べませんでしたが「松浦家の食卓」を始め地元の産品を多く使っているようで、地域振興に少しでも繋げようとしている姿勢は好感が持てますね。

 中の展示物などもとても良い雰囲気でして、ファンにはたまらない空間だと思います。売店では原宿のショップで売切れていたナップザックやトートバック(これは初日で売り切れた模様)や、上述の地元の産品に加え、取扱店の多くで売切れていた寿太郎みかんジュースが少ないながらも取り扱っていた事にびっくりしました。もう沼津・内浦周辺の主要店では見かけないレベルだったのに……そうそう、売店での販売物にはキャラごとのシールが貼られていますので、ちょっぴり特別感があります。
 実はわたくし並んだのが一番早くてですね……レギュレーション通りに7時に行ったら誰もいなかったのです。まあ火曜日朝7時にあの場所に居られる人は限られますよね。おかげで記念品として寿太郎3点セットを頂けたのですよ。下の写真を見ていただけるとわかると思うのですがシール付いているでしょ。それが上で書いたシールですね。入店前に「誰が好きなんでしたっけ?」と聞かれたので答えたのですが、わざわざ花丸ちゃんシール付きを揃えて用意してくれたの嬉しかったですわ。整理券も初日は特別に希望キャラにしてもらえたので当然花丸ちゃんで。

f:id:kei-an:20161108100231j:plain
f:id:kei-an:20161108110519j:plain

 かなり良い感じだった「ラブライブ!サンシャイン‼︎ × 雄大 SUN!SUN! サンシャインCafe」ですが、大きな問題点が……開放型店舗なのでとても寒いです。暖房器具はありますがあまり機能しません。食べる量としては問題ないレベルで頼み、帰り道でお腹すいたと思うぐらい容量的な余裕はあったのにもかかわらず、寒さで凍えて食べるのが辛くなる経験は初めてでしたが、それぐらい寒さを感じます。温かいメニューがほどんど無いので、携帯カイロ・使い捨てカイロを用意したり、防寒具を着たり、インナーを1枚増やしたりするなどして対応した方が良いでしょう。訪問の際にはその点を気をつけていただければより楽しめると思います。

 最後に問題点を書きましたが、メニューのレベルが高く、しかもそれが舞台の街で味わえるというのは大きな利点です。終了時期は未定で、客足次第という話も聞きましたが、是非長い間続くようなお店になってくれると良いなと思います。自分も今回食べられなかったメニューがあったので、次の訪問の際にはそれらを食べたいですね。また舞台訪問の楽しみが1つ増えましたわ。

・ソロのコースター全員分
f:id:kei-an:20161109152736j:plain
・長いレシート
f:id:kei-an:20161109193339j:plain
・入場整理券もこんな感じだから集めたくなってしまう

f:id:kei-an:20161108104356j:plain

「コンカッション」を見てきた

雑記

 アメリカの4大スポーツの中でも飛び抜けて人気が高いNFL。そのNFLで起きた実話を元にした物語「コンカッション」を見てきました。「コンカッション」とは脳震盪の事。ハードなぶつかり合いが多いアメリカンフットボールでは切っても切り離せない身体トラブルです。

 NFLでは毎年のようにルール改正をしています。守備側が有利な状況が生まれやすくなったら攻撃側が有利になるように、逆もまた然り。他にも細かいルール改正が行われていて、試合がより面白くなるようにとルール面からも工夫を重ねているのです。サッカーのようなワールドワイドなスポーツでないからこそ出来るアグレッシブなルール改正。これが試合の面白さをより増していき、アメリカにおいて他のスポーツとは桁違いの人気を博す要因の1つにもなっていると思っています。

 しかし面白さを追求するのとは全く正反対のルール改正がありました。それがキックオフ位置の改正です。細かいルール説明は割愛しますが、それまで自陣30ydsから蹴る事になっていたキックオフを、改正後は自陣35ydsからとしました。この変更によって醍醐味の1つであるキックオフリターンがしにくくなってしまったのです。この改正に反対している人は今でも多いですが、今年になってさらなる改正が行われこちらの記事のリーグ競技委員会の原案どおりとなりました。本来は「試合の面白さ」を追求していくはずなのになぜこんなルール改正が行われたのか。その原因の1つが今回の映画のテーマともなる「コンカッション」だったのです。

 作品では「コンカッション」を元に起きた事件から危険性を追求していきます。事件を知っている自分でも「ショッキングに描かれているな」と感じましたので、知らない人にとっては自分が感じるよりもショッキングな症状だと感じられるかもしれません。それでも目を背けてはならない現実が描かれているのです。

 今年は「疑惑のチャンピオン」もありましたし、昨年には「パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト」もありと、スポーツ界の暗部を描き出す作品が相次いで公開されました。どの作品もスポーツビジネスが巨大だからこそ起こってしまった問題点が描かれており、その反省を活かそうと必死にもがいているのが今この瞬間の各スポーツ界です。これから先も問題が起きないとも限らないですが、少なくとも描かれた事だけでも再発はないようにしてほしい……そんな事を思いながら、私はスポーツを見続けていくのでしょう。これから同様なことがどんどん減って、スポーツ選手が良い形で第二の人生を送ってくれる事を願ってやみません。

ラブライブ!サンシャイン!! 沼津・内浦&西浦お宿探訪パズルラリー 対策会議室

ラブライブ! サンシャイン!!
更新情報 (2016/12/01)
公式サイトにて年末年始の休業予定がupされています
休業情報を確認の上でパズルラリーを楽しんでください

安田屋旅館に関しての情報は書き換わっていませんが
旅館のサイトにある休業情報を参考にしてください
http://sakuraco.heteml.jp/yasudaya/topics/topics.cgi

三の浦総合案内所は12/29~1/3は休業ですが
13時~14時はパズルラリー対応をしてくださるとの事
時間厳守で訪れるようにしてください
 

【パズルラリー完成後 追記】

f:id:kei-an:20161022160607j:plain

 1日でパズルを完成させてきました。車があると楽ですが、なくても何とかなります。大瀬崎行きのフェリーがある土日が狙い目ですが、サイトにある通り予定では11月中旬までの運行なので、使うのを検討している方はお早めにです。運行終了したようです。

 今回、飲食が条件にあるお宿では必ず飲食をしてきたのですが、どこも良かったですよー。自分は生魚を食べられないためそれらを味わえなかったですが、新鮮な海の幸を堪能していただければと思います。

 宿ごとにもいろいろと追記してあるので、ぜひそちらも参考にしてみてください。
【パズルラリー完成後 追記 ここまで】


 昨日の夜にラブライブ!公式Twitterからこんな企画の告知がされました。

 作品も終わりましたし、ハイシーズンも終わった所ですから良いタイミングでのイベント告知じゃないかなと思うのですよ。作中に出てきた宿以外にももっと泊まってほしいという声もありましたし、大瀬崎の方まで範囲に入っていてなかなか行かない場所にも誘導ができそう。
 週末には沼津港→大瀬崎(1020着)、大瀬崎(1300発)→三津港という航路も用意して、足がない人でも大瀬崎のイベントをこなしながら他地域の巡回も出来るような設定もしと、練りに練った企画になっている感じがします。11月中旬までの期間限定運行は終了したようです。

 メイン企画のパズルについては、参加している7件のお宿のどこかで外枠を購入(1000円)後、各お宿を指定された利用をして1000円(税別)利用で1ピース・2000円(税別)利用で2ピースをゲット。それで12ピースのパズルを完成させるとの事。宿ごとに決まったピースはない感じなのかな……その辺りがやや不明ですが、始まってからまた情報を集めて追記しようと思います。

【パズルラリー完成後 追記】
 各お宿でもらえるピース数がサイトに書かれました。各お宿で貰えるピースは固定ですが、スタンディとして立っているキャラに絡んだ部分が配布されている感じです。浜の家での追記情報にも書いておきましたが「うちは鞠莉ちゃんのピースね」と、まるで我が子のような扱いをしてくれる所もありました。
【パズルラリー完成後 追記 ここまで】

 イベント参加時に気をつけてほしい点としては、上のサイト内にも書いてありますが「事前にお宿に連絡をしてから来店」という事でしょうか。いきなりの訪問でも対応できるでしょうけど、イレギュラーな訪問になるでしょうから、是非参加する皆さんには協力して頂きたい所。

 参加している7つの宿は全てサイトを持っていますが、上の特設サイトにリンクが貼られていないので一覧を作ってみました。


A・安田屋旅館(お泊り もしくは 入浴)
 千歌ちゃんの家のモデルでお馴染みの「安田屋旅館」さんは「お泊り」か「入浴」で。お泊りは自分たちに合った日時で予約が取れない可能性があるので、日帰り入浴でもピースがもらえるのはありがたいですね。

【パズルラリー完成後 追記】2ピース対象 対応時間12:00~20:30
 入浴に加えて中での飲食・お土産も対象になるので、お風呂上りに喫茶で一杯したり、お土産を買ったりすれば、1回の訪問で2ピースをゲットすることが可能です。時間はサイトに書かれているものと違いますが、出来れば20:30までに入浴に来てほしいとの事だったのであえてこちらで。


B・とさわや(お泊り もしくは お食事)
 松月さん近くの「とさわや」さんは「お泊り」か「お食事」で。サイトにもお食事メニューが乗っているので、お食事で済ませたい方には予定が立てやすそう。大人数での舞台訪問の場合には宿泊がかなり安く使えるようなので、そのような使い方を検討してみるのもありなのでは。

【パズルラリー完成後 追記】2ピース対象 対応時間11:00~17:00
 ここが一番の難関でした(刺身が食べられないという個人的理由)。食べられなくもないですが1食で2000円分食べるのは意外と大変かも……1ピース用の特別メニュー(ヨハネカレー?)が用意してあるので2日に分けた時には1食をそれにしてみてはいかがでしょうか。
Dropbox - 2016-10-22 14.10.11.jpg


C・松濤館(お泊り もしくは デザート付きドリンク)
 伊豆・三津シーパラダイス隣りにある格式高き旅館「松濤館」さんは「お泊り」か「デザート付きドリンク」。サイトに食事処の表記がないので、デザート付きドリンクについてどのような提供方法になるか現段階では不明ですが、サイトに書かれたり情報が得られた時点で追記しようと思います。

【パズルラリー完成後 追記】1ピース対象 対応時間11:00~16:00
 忙しいタイミングだとお土産品での対応になるようですが、忙しい時間でなければサイトにある通り「デザートセット」をいただけます。キービジュアルの海岸や、梨子ちゃんが飛び込んだ桟橋が普段とは違う角度から見られてとても良いです。
Dropbox - 2016-10-22 13.24.59.jpg 
Dropbox - 2016-10-22 13.24.52.jpg


D・浜の家(お泊り もしくは 昼食)
 梨子ちゃんが飛び込んだ桟橋に一番近い「浜の家」さんは「お泊り」か「昼食」で。わざわざ昼食と書かれているので、他の時間帯に行かないように注意したい所です。こちらも食事処の表記がないので、予定が立てにくい場所かもしれません。営業時間等わかりしだい追記します。

【パズルラリー完成後 追記】1ピース対象 対応時間11:00~15:00
 対応時間が短めなので、こちらをどうやってクリアするかが鍵かと思われます。ただ1ピース対象お宿なのでクリア自体は楽。自分はさざえの壺焼き(1200円+税)一品だけを注文しましたが、快く対応していただきました。ピースお渡し時には「うちは鞠莉ちゃんのピースね」と言いながら渡してくれたのも嬉しかったです。


E・やま弥(お泊り もしくは お食事 お土産)
 らららサンビーチのほど近くにある「やま弥」さんは「お泊り」もしくは「お食事」に加え「お土産」という選択肢があるのがありがたい所。しかし泊まった方が「卵が凄い」という発言をしていたので、宿泊しないなら鯛丼・なめろう丼でその卵を味わってみるのが良いかも。平日に出来る素泊まりも安いですし、三津周辺まで送迎もしてもらえるとの事なので、若い人には使いやすい宿かも。

【パズルラリー完成後 追記】2ピース対象 対応時間11:30~14:30 16:30~19:00
 昼だけでなく夜の食事でも対応してもらえるのはありがたいです。お土産対応も可なのでお土産だけでクリアしている人もいたとの事。ただ昼・夜ともに対応時間は短めですし、内浦の4軒・大瀬崎の2軒とは少し離れているので、公共交通機関を使う際には少し難易度が高そう……ですが、大瀬崎からここまで歩いて到達した人もいたので、やれなくはないですよ。


F・オーシャンビュー・フジミ(お泊り もしくは 昼食の飲食や入浴等)
 大瀬崎にある旅館「オーシャンビュー・フジミ」さんは「お泊り」に加え「昼食の飲食」や「入浴等」で。サイトの表記か始まってからの情報収集で入浴等の等に何が入るのかは調べて追記する予定。名前の通り海が見える部屋が良さそうなので、泊まってみたい所です。昼食については食事処の情報がないので調べて追記予定。

【パズルラリー完成後 追記】2ピース対象 対応時間10:30~14:30(土日祝のみ10:00~14:30)
 旅館組合の長であるマスターさんのお話が楽しかったです。1000円分の昼食+入浴というパターンもありなようです(入浴料は未確認)が、お土産対応しているので、そちらを利用するのもありかと(自分は食事+お土産)。コラボのっぽも売っていますが、ここで買う人は少ないでしょうから穴場かも。


G:シーサイドイン大瀬館

 最後の「シーサイドイン大瀬館」は「お泊り」もしくは「昼食」で。こちらも食事処の情報がないので後で調べて追記として……場所柄ダイバーさん向けの宿のようですが、晴れていると富士山も見える立地のようなので、お泊りしてみたい宿ですね。

【パズルラリー完成後 追記】2ピース対象 対応時間11:00~14:30(土日祝のみ10:30~14:30)
 サイトには書かれていませんがお土産でも対応していただけたので、食事+お土産でクリアできますし、お土産品(Tシャツ)だけでクリアしていた方もいました。食事がそれほど高くなく、食事だけで2000円は結構きついので、お土産品でのクリアを検討した方が良いかもです。


 全7箇所へのリンクを記してみました。さすがにこの期間中に7泊は難しいので食事等に頼らなければならないと思うのですが、食事処の情報がないサイトが多いのでちょっと予定が立てにくそう。とは言え来年2月いっぱいまでとイベント期間は4ヶ月半もあるので、その間に色々情報収集していけたらなって思います。

広がる輝き、伝わる熱 ラブライブ! サンシャイン!!第13話

ラブライブ! サンシャイン!!

 梨子が1位になれていると良いなぁ……という一心で取り組んでいたセブンイレブンのイメージガール投票にかかりっきりで、周回遅れ感はありますが13話感想です。

 13話にわたるAqoursの物語は「私たち、輝きたい!」というキャッチコピーをまさに体現したものでした。まさかこの「私たち」が9人だけでなく、周りをも巻き込むものだとは思っていませんでしたが……
 μ'sは「廃校阻止」という最初の動機が「やりたいからやる」にシフトしていったのですが、Aqoursは最初から最後まで「輝きたい」を模索していく物語。12話が終わった後、3周見終わった辺りでTwitterにこんな事をpostしました。

  13話で上のpostが正しかったと確信し恒星になったというのを感じられたからこそ、今回の感想タイトルになったわけですが……その部分について語ってみようと思います。


 最後の舞台でのミュージカル調の部分。6話のPV作成回への回答となるような内浦の良さを千歌が語る導入から、ここまで12話かけて歩んできたAqoursの成立の過程を見せる生PVでした。
 千歌の動機は「憧れのμ'sのように輝きたい」、アニメ中で執拗なまでにμ'sについての描写が繰り返され、目標とする存在として描かれていました。しかし追いかけている間はあくまでコピーのようなもの、自ら光を放つのではなくμ'sの輝きを受けて光っているような状態でした。利用するのも、模倣するのも悪いことではありません。しかしμ'sがA-RISEを上回っていったのは、持ち味は多様な個性・自分たちらしさにあると気付いてそれを体現していったからでした(きっかけは2期6話ですね)。Aqoursも曲自体に独自性はあったものの、どこかμ'sを追いかけている状態で活動が続いていて、自分たちらしさを出し切れていたかというと疑問が残ります。しかしそれを完全に振り切ったのが12話での言動でした。

 μ'sが地に足をつけて終わりにする事を宣言したあの海岸。Aqoursはそんな事は当然知らないわけですが、奇しくも同じ場所で0から1へのステップを期してジャンプしと、対称的な行動でμ's振り切ることを表現しました。9話の時点で自立したと思っていましたが、完全に振り切ったのが12話、「全身全霊 なんにもとらわれずに 自分たちの気持ちに従って」という千歌の台詞、そしてその後のモノローグを聞いて、自分はAqoursが恒星になったと感じられたのです。

 そんな恒星となったAqours周りの変化が描かれたのがこの13話です。Aqoursが夏休みを毎日費やして練習していたのを知った四・五・六から協力したいという話がなされましたし、東京でのイベント時には見送りだけだった生徒たちが、東京よりも遠い名古屋では勢揃いしてと、周囲の人達の行動に変化が生まれてAqoursの活動への理解が増しているように描写されていました。これらの描写から、Aqoursが恒星のような存在になった事で周りを照らして熱を伝えられるようになり、周りの人たちを突き動かしたと感じられて自分はグッと来たのですよ。

 この周りの人たちを突き動かすという動きは現実でも起きていてですね……定期的に舞台周辺に出かけている人なら肌で実感していると思われます。作中で出てきた「あわしまマリンパーク」「伊豆・三津シーパラダイス」「松月」「欧蘭陀館」などは言わずもがな、ラッピングバスや直接は出てこないラッピングタクシーの運転手さんも作品を見て、好きになってくれて語ってくださっています。

 そして作中には出てきていない店にも波及し始めているのが、アニメが始まってから顕著になっている点なのです。まずは「JAなんすん(南駿)」さん。「沼津港 みなと新鮮館」内にあるアンテナショップでは、サンシャイン!!デコレーションが週を追うごとに多くなっていますし(ちょうどこれをupするタイミングで写真をupした方がいるので、そちらのpostを参考にしてみてください)、重須にあるアンテナショップ「OH!MOS」でも、最初に行った頃とは比べ物にならないぐらいグッズが置かれるようになっています。店員さんも作品を見ていたり、舞台に訪れた人を丁重にもてなしてくれたりと、サンシャイン!!が産んだ熱が伝わっているように感じられます。また「中国料理いーある」「つじ写真館」など作中で映り込んでいないお店でも、店の方が作品のファンになってくれていて、サンシャイン!!デコレーションを施したしています。内浦でのっぽパンが買えるスポット「辻宗商店」さんも、色々な記事やポスターがはってありますし、店主のおばあちゃんも作品の話が出来まして、自分が訪れた際も少し時間を忘れて話ししてしまいました。
 あとつい最近見たpostではこれがグッと来ました。三の浦総合案内所のノートに書かれたものです。

  3話の感想でも書きましたが、散策していると舞台周辺に住んでいる方と会話する機会も出てきますが、作品から発せられた熱が老若男女に……お店の人にもそうでない人にも伝わっています。それは通えば通うほど熱の高まりが実感できるのですよ。
 その実感があったからこそ、Aqoursの輝き・熱の伝搬をしていると感じられる生徒たちや内浦の人達の行動が現実ともリンクし、より深く自分の心を揺さぶったのです。

 2話の感想タイトルで「君のこころは輝いてるかい?」を使い、記事中にこんな事を書きました。

「君のこころは輝いてるかい?」の歌詞自体も作品のテーマに近いものと感じられますし、このアニメ序盤は「君のこころは輝いてるかい?」の歌詞に繋がる物語って感じちゃうんですよね。

 歌詞ではなく最後のセリフそのものでしたが、アニメのラブライブ! サンシャイン!!はまさに「君のこころは輝いてるかい?」に繋がる物語でした。OP映像で千歌が走って向かっていった先にはμ'sらしき人影が居ましたが、13話で舞台から千歌が向かっていった扉の先は、最初のキービジュアルである「助けて、ラブライブ!」の海岸。これもμ'sを追う事から脱却し、自分たちの道を歩みだそうという決意表明の表現だと感じ取れました。
 しかしここまでしてきた解説を「MIRAI TICKET」の歌詞だけで表現してしまっている感があるのですよね……畑亜貴恐ろしすぎでしょ。

 アニメが終わった後の世界は、あのキービジュアルを初めて見たこの現実世界に繋がっているような感じ。0から1にようやっと辿り着き、ここからはじまる物語。本音を言えば動いている9人が魅力的だからこそ、またアニメで見てみたいという気持ちはありますけど、13話が終わった後の世界は今自分たちが見ている世界だと考えれば、ここで終わっても全く問題がない、綺麗な締め方だったなと思っています。


 Aqoursとの歩みはまだ始まったばかり。どんな未来が待っているのか「MIRAI TICKET」を掴んだAqoursの様々な媒体でのこれからの活躍に期待したいです。

ラブライブ!サンシャイン!! 舞台探訪のための休店日カレンダーを作ってみた

ラブライブ! サンシャイン!!
更新情報 (2016/12/05)
年末年始休業予定を確認・追加しました(既出分もあり)

「松月」
https://twitter.com/kujyaku999/status/805249116821299200
「欧蘭陀館」
https://twitter.com/llllnumazullll/status/800596921907720192
「中華料理 いーある」
https://twitter.com/chinaiaru12/status/805655251332149248
パズルラリー対応お宿は公式サイトで
http://www.numazu-yado.com/lls/index.html
(安田屋旅館のみ年内分の更新がないのでここで) 
http://sakuraco.heteml.jp/yasudaya/topics/topics.cgi
三の浦総合案内所に関しては上のサイトに書いてある通り
12/29~1/3の休業期間も13時~14時のみ対応してくださいます

「みなと新鮮館 」12月は第1・第3火曜がお休みに変更
http://www.nu-mshinsenkan.com/cgi/info/data/sample.js


更新情報 (2016/11/30)
安田屋旅館 12月の休館日を追加
その他12月の休店日をわかる限りで追加
http://sakuraco.heteml.jp/yasudaya/topics/topics.cgi

年末年始に関しては次回訪問時に調査予定ですが
情報提供もお待ちしております

更新情報 (2016/11/23)
「中華料理 いーある」さんが12月から毎週火曜日に加え
第1・第3月曜日も定休となったので追加
https://twitter.com/chinaiaru12/status/800935269465632768
 

サイトで埋め込んで使いたいという方もご自由にどうぞ。出典元としてこのサイトと作者さえ明記しておいてもらえれば、こちらが全責任をとれますので

 ラブライブ!サンシャイン!!関連ワードでTwitter検索していると「○○がおやすみだった」という悲しい情報が目に入ることが結構あります(特に松月・沼津バーガーが定休になる火曜日)

 という事で一覧して休店日が見られるカレンダーがあった方が良いだろうと思いざっと作ってみました。

ICAL形式のリンク
https://calendar.google.com/calendar/ical/bbhd8q5sap7k5hkr4a0fekr908%40group.calendar.google.com/public/basic.ics

 これをカレンダーソフトにインポートすれば、下の情報がカレンダーに表示されるようになります。自分も積極的に休店日情報を収集していますが、漏れがないとも限りませんので、報告等は@kei_anにReplyやDM(未フォロー者からも開放中)でお知らせいただければ幸いです。このお店の情報も入れてくれ!というご意見もありましたら気軽にお尋ねください。情報は一元化した方が楽ですしね。




安田屋旅館(不定休) 
 http://mitoyasudaya.com/

伊豆・三津シーパラダイス (基本年中無休)
 http://www.izuhakone.co.jp/seapara/

あわしまマリンパーク (基本年中無休)
 http://www.marinepark.jp/

沼津港深海水族館 (基本年中無休)
 http://www.numazu-deepsea.com/

松月 (毎週火曜日定休 臨時休あり)
 http://www.shougetsu-web.com/

マルサン書店 仲見世本店 (元日のみ定休)
 http://www.numazu.nu/~marusan/

沼津みなと新鮮館  JAなんすん (毎月 第2・第4火曜日定休)
 http://www.nu-mshinsenkan.com/cgi/ja/topics.cgi

沼津バーガー (毎月 第1・第3火曜日定休)
 沼津バーガー | Twitter

沼津市民文化センター
(毎月第3月曜日休館/1月・3月・7月・9月・11月は第2月曜日も休館)
 http://numazu-kousya.jp/culture/index.html

OH!MOS (基本年中無休)
 http://nansun.ja-shizuoka.or.jp/agri/santyoku/ohmosu.html

つじ写真館 (水曜定休)
 http://tsuji-photo.com/

グランマ (水曜定休)
 http://www.sweets-grandma.com/

中華料理いーある (火曜定休)
http://china-i-aru.hp.gogo.jp/

時計の市川 (水曜定休)
 http://www.numazu-cci.or.jp/tmo/shop/bunka/agetuti/ichikawa/ichikawa.htm

布澤呉服店 (水曜定休)
 http://nunozawa.web.fc2.com/

ロットン (不定休)
 http://lotn.jp/

レフズ (日曜・月曜定休)
 http://fujiyama-veggie.com/

マルサンホビー(火曜定休)
 http://www.marusan-hobby.jp/

大型展望水門びゅうお (基本年中無休 ただしメンテナンス休あり)
 http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/sisetu/byuo/



・おまけ(ICAL形式です)
μ's9人の誕生日と演者さんの誕生日リスト
https://calendar.google.com/calendar/ical/lidl008enk3hjdt7354femes4g%40group.calendar.google.com/public/basic.ics

Aqours9人の誕生日と演者さんの誕生日リスト
https://calendar.google.com/calendar/ical/v095tu582sf1lm53pval6bi2s8%40group.calendar.google.com/public/basic.ics



飛び立つAqours ラブライブ! サンシャイン!!第12話

ラブライブ! サンシャイン!!

 7月9日に伊豆箱根グループが記念乗車券の販売イベントをしつつ、ラッピングされた電車・バス・タクシーを展示するというイベントが有りましたが、去る17日にもう1つのラッピングバス運行会社である東海バスさんがイベントを開催するとの事で行ってきました。
 天気や開催場所の違いはありますが、前述のイベントよりも人出は多く、アニメ効果が感じられるイベントでした。記念乗車券と特性のティッシュケースもゲットできました。

  ちなみに↑の写真を撮ったのは「欧蘭陀館」さん、建物の外観は違っていますが、住所としては11話で出てきた曜の家の場所……という事で、舞台訪問で訪れる人が増え始めているようです。来た人向けのコミュニケーションノートまで出来ていましたが、話しかけてくれた奥様が気さくだった上にパステルアートまで描いていてですね……どんどん描いて9人全部揃えるようですよ。また見に行かないとならないじゃないですかー(思う壺)。いやコーヒーが美味しかったので、また行きたいとは思っているのですけどね。駐車場もあるのが助かります。

 

 さあ12話。覚悟をして構えて見ていましたが、こちらの想いを汲んだ上にこれしかないという答えを出してくれました。曲や行動から「想いはひとつに」なりつつありましたが、それは正しい方向だったのか?それに対して9人が回答を出してくれたお話でした。


 「9人が9人のままで良い」μ'sが2期6話で得たその結論を、Aqoursとしての意義に絡めて表現し、Aqoursがようやく見つけたその進むべき方向への第一歩を踏み出す物語。
 「μ'sは何もない場所を走った」これはまさにその通りで、運営も役者も手探りの中、少しずつ実績を積み、人気を獲得し、舞っていたチャンスを掴み取り、階段を登っていきました。しかしμ'sはμ's、AqoursAqours。同じ道を辿っても成功するとは限らないですし、そもそもメンバーが違うグループが同じ道を辿れるとは思えません。
 大成功を収めたμ'sの進む方向性は1つの可能性……東京での様々な活動でμ'sをより知ることによって、AqoursにはAqoursの進むべき道があると気付き、これまでの「μ'sを追いかけるAqours」から脱皮するという流れ。そして千歌のモノローグからは「先輩は大きな存在だが。お前らはお前らなんだ。自分たちの道は自分たちで切り拓け」というメッセージが感じられました。それは作中のAqoursに対しても、現実のラブライブ! サンシャイン!!Projectの関係者にも、そして視聴者に対しても投げかけられているようでした。

 μ'sがラブライブ!2期11話で終わりにする事を決めたあの海岸。μ'sの9人が足を地につけ「終わらせる」事を宣言したあの海岸で、Aqoursはμ'sを追う事からの決別のように、ジャンプしながら0から1への第一歩を踏み出しました。
 その一歩がどこへ向かっていくのか、最終話が楽しみです。

想いはひとつに ラブライブ! サンシャイン!!第11話

ラブライブ! サンシャイン!!

 5日に約1ヶ月ぶりとなる内浦訪問……の前に、セブンイレブンイメージガール投票の為にあちこちのセブンイレブンに寄り道しながら、限定のクリアファイルも確保してとりあえず一安心。

 現地では前日から始まった沼津バーガーの「堕天使の宝珠」にありつけました。開店前に並んでいた時に店長さんから「ハバネロが無いから代替品で……」と言われていたのですが、開店数分前にハバネロが届くというリトルデーモンが逃げ出したかのような幸運っぷり。その「堕天使の宝珠」はピリ辛で美味しかったですわ。サイドメニューの味変えバージョンなので、バーガー類と一緒に食べると良いかも。もしくは近くにあるAqours色紙が置かれた魚河岸丸天へ梯子するのもありかも。あと機会に恵まれず食べられていなかった松月の「かんかんみかんタルト」も食べられて、食べる方ではひとまずやりきった感があります……とか言っていると、また新しい食べ物が出てくるわけですが。サンシャイン!!コラボの「のっぽパン」買いに行かなきゃ……。

 
 1話では曜が千歌を助けるように一緒にスクールアイドル活動を始め、10話では千歌が梨子のピアノコンクール参加を後押ししましたが、この11話で梨子が曜の抱えていた問題を解決するという2年生ロータリーエンジン(©しがないさん)が完成したお話でした。
 そういえばユーフォ2期の人物関係図で「引力」という言葉が使われていて唸らされたのですが、千歌・梨子の間にもその「引力」がここまでの描写で感じられました。その引力を見た曜が冷静でいられなくなったという感じの今回のお話。その器用さから、どんな事でも千歌に合わせようとしちゃう、そして合わせられてしまう曜が立ち入ってしまった心の迷路……それを解決したのが、2年前の過ちを後輩にさせたくないと行動してくれた鞠莉、そしてもやもやのきっかけとなった梨子の言葉だったというのは、ここまでのエピソードと人物関係の積み重ねが活きた描写だったと思います。


 「想いよひとつになれ」、8人で出ることになったステージにピッタリの楽曲でしたね。梨子を意識したかのように、ピアノの音色が織り交ぜられた楽曲に、振り付けでもピアノの演奏をしているように見せています。「何かを掴むことで 何かを諦めない」という歌詞は、梨子のAqoursとピアノについて含みを持たせているように感じられます。その部分の振りも含め、背中合わせでも曜・千歌がコンビネーション良く踊っている辺りも「合わせるんじゃなくて 一から作り直した方がいい」って台詞を思い出してしまい、心を揺さぶられました。そしてCGである事を最大限活かしたカメラワーク。手描きでも出来なくはないのでしょうけど、激しい動きで破綻無い絵を描いていくのはかなり難しいので、これはCGならではの描写。最後の決めポーズも、梨子と連動していて離れていてもAqoursは9人なんだと感じさせてくれて、演出・楽曲・歌詞全てが11話の、そしてここまでのAqoursの総決算となるような楽曲だと感じられましたね。
 しかしせっかく9人が揃ったのに9人の曲がまだ1曲だけですよ。最後は9人曲になるでしょうけど、焦らしやがってぇ。