読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

【軽いネタバレあり】 - 「君の名は。」見てきました

 大学時代に知り合った友人が無類の日本ファルコムファンでして、その友人から知ったのが新海誠さんでした。最初に見せられたのが「イースⅡ OP」からの「ほしのこえ」。後者は見てみたら好みの物語だった上に、後から絵作りは1人でと聞いて2度びっくり。これが1人で作れてしまう時代なのか……と驚いていたのが2002年。そこから新海誠さんの以前の作品を見て、新作が出るたびに見続けて14年が経過した今年公開されたのが「君の名は。」。映画公開に先駆けて小説等の関連書籍も発売されていましたが「最初は映像で」と思い封印。封切日朝一の舞台挨拶のチケットを確保し映画館に赴きましたが、新海誠さんのベストアルバム的存在と言うにふさわしい、新海誠集大成的な素晴らしい劇場作品に仕上がっていました。(ベストアルバム的は舞台挨拶での言葉)

 予告を見て思い浮かべたのは大林宣彦監督の「転校生」、男女の入れ替わりがとても刺激的で、自分の幼少時に強く影響を与えた作品です。夢の中での入れ替わりを経て、最後に出会いが待っているのだろうと単純に思って臨んだらまさかのBTTF & 時かけ的展開ですよ。問題解決のために過去に戻るBTTFは今年の3部作上映(午前10時の映画祭にて)に行くぐらい好きな作品。記憶の奥深くに残る「会いたい人」との出会いを求める時かけは、ツツイストになる切っ掛けになった作品です。この2つの要素が上手く混ぜ込まれて「君の名は。」という最後のシーンに繋がる展開は熱くもあり切なくもありで、最後の最後までドキドキさせられっぱなしでした。過去の新海誠作品を知っているからこそ2人が近づくけど交わらないままなのか……なんて錯覚させられましたよね。それも意図的だと舞台挨拶で語っていて、昔からの新海ファンがやられたーって感じになっていましたが(自分も)。

 これまでの新海誠さんの劇場作品とは違い、「君の名は。」では出会う所まできっちり描いて所謂ハッピーエンドになっていました。ですので見終えた時に「これはマニア以外の層にも受けそうだなー」と思っていましたが、公開から2日経っての評判を見る限りまさにその通りになってる感じ。マニア層以外にまで訴求したのが感じ取れます。というかカップル多いみたいですね……初日初回の舞台挨拶は流石に訓練された新海ファンが多かったのかカップル少なめでしたが^^;。尖った部分は少し減ったのが昔からのファンには寂しいかもしれませんが、新海誠テイストはきっちり盛り込んでいましたし、それでいて一般向けの脚本になっており、新海さんのストーリーテリング力が一気に上がったように感じられました。


 そうそう新海誠さんの武器である背景美術にも触れないと。「言の葉の庭」と同様に今回も都心部の描写が多かったのですが、ここ2年は都心部を車で走ることが多かったのと、新宿の映画館通いが多かったおかげで、見覚えのある景色が沢山出てきました。あと三葉の感動も「わかるわかる」って感じ共有できたのは都外住みの特権だったかも。その三葉の故郷の方も、小さい頃によく連れて行かれた飛騨高山の方で、作中でのメインは架空の隕石落下地点になっていましたが、こういう空気感だったなーという感じで見ていました。風景・背景が綺麗に描かれているからこそ、空気の匂いも感じられるような錯覚を覚える、それが新海さんが描く背景の強みでしたが、出てくる舞台が2つとも馴染みがある場所だっただけに、その匂いがより強く感じられたのも自分にとっては加点ポイントでした。

 演技については、主役2人が見事にはまっていましたね。立花瀧役の神木隆之介さん、宮水三葉役の上白石萌音さんともに、瀧くん/瀧ちゃん&三葉ちゃん/三葉くんという性別入れ替わりが発生する難しい表現が要求される役を、自然な感じで見られたのはこの2人の力量あってこそ。特に上白石萌音さんはそこまで経験がある方では無いのに、それを感じさせなかった点に驚かされました。声質も合っていて良かっとは思いましたが……でもこの作品のヒロインは間違いなく瀧ちゃんですよね。

 2人の物語を何度も見返したい……そんな事を感じさせる良い作品でした。細かいネタバレや考察とかは今の自分には出来る余裕が無いので他の方にお任せしますが、初めて安心して万人に向けて勧められる新海作品、それがこの「君の名は。」だったと思っています。シン・ゴジラ同様、Twitterで話題になってじわじわと広まりつつありますし、東宝が宣伝に力を入れているおかげでしばらくは席が取りにくい状況が続きそうなのは嬉しい悲鳴かも。


余談。金曜日公開開始でこの席状況にはびっくりしましたよ……。

f:id:kei-an:20160826085917j:plain
プレミアムラグジュアリーシート(通常料金+3000円)で見ましたのん。良い席だったなー。

f:id:kei-an:20160826090738j:plain

Step! ZERO to ONE ラブライブ! サンシャイン!!第8話

ラブライブ! サンシャイン!!

 今回は何度も手が止まってしまい遅くなってしまいました。だって見返すたびに泣いちゃうんだもん。
 悔しくて泣く……それは強くなるには必要な要素の1つだと思っています。別作品ですがつい先日また劇場で見てきた「響け!ユーフォニアム」でも、黄前久美子が一部のパートで演奏を外されたことに対して悔しがり大泣きをしました。これを機に、それまで主人公らしさがあまり感じられなかった黄前久美子に主人公としての格が感じられるようになりまして、その話を見終わった直後にBD購入ボタンを押していたのを思い出しました。
 アニメが始まる前、ラブライブ! サンシャイン!!1周年の記事にこんな事を書いていました。

主人公格のAqoursのリーダー高海千歌役の伊波杏樹さんのリーダーシップと主人公としての力は特筆物。まだ始まって1年ほどだからか、高海千歌ちゃんの方にはその力が乗り移りきっていない感じですが、その転移がなされ高海千歌ちゃんに「これぞリーダー」という信頼感が見られるようになった時、Aqoursはさらなる高みに上がっていくと思っていますし、それは夏開始のアニメでなされて欲しいとも思っています。

今回の8話はそれを実現してくれたお話で、涙のシーンから結果に向き合い再出発をするかのような表情を見せる終盤の展開は、千歌の主人公力の高まりを強く感じさせるものでした。


 物語の展開としては今までの7話までで描いてきた事を存分に使ってきた形でした。

 内浦は地方の町。3話の講堂でのライブ、6話でのスカイランタンへの協力などなど、街の代表という感じの描写がずっとなされていました。一方、1300万人が住む東京は、良く言えばしがらみの無い場所。だからこそ地元だから・仲間だからという評価軸はほぼ無く、実力がものをいう環境。この環境の違いが、イベント後に会った鹿角姉妹の言葉(例 「ラブライブ!は遊びじゃない」)として表れてくるわけです。

 PV作成時(6話)の鞠莉の言葉「努力の量と結果は比例しません」、そしてダイヤからの言葉で現在7236グループというラブライブ!への登録数が語られ、それらの言葉を体現したのがイベントの結果でした。Saint Snowが3桁得票で9位だったのに対しAqoursは0票で最下位。努力だけすれば結果に繋がるわけではない。東京というアウェーの場所での観客による投票ですから知る者はほぼ0のはず。イベントに来る人は目当てのスクールアイドルがいる事がほとんどでしょうから浮動票も期待できない。ネット投票があればまだしも、会場の投票のみというこのイベントで得票0はある意味必然だったと思われます。

 μ's・A-RISEの頃の10倍近いスクールアイドルがいる群雄割拠の時代では、上位層は実力プラスアルファの勝負になっていきます。
 現実でのμ'sは、努力を重ね、僅かなチャンスを次々と繋げて駆け上がっていきました。ここにはたゆまぬ努力に加え、時流に乗った・チャンスを活かしたという偶発的な事象も多く含まれます。プラスアルファは努力を重ねてきた人に等しく訪れるわけではないですし、そのチャンスも感じられず素通りさせてしまう人もいる……だからこそ上位にいる人は運も実力も備えて存在なのです。

 曜から千歌に投げかけられた「悔しくないの」は、これまでの前進をさせようとしてきた煽り以上の意味合いを含んでいました。しかしそれに対しての千歌の返事は、スクールアイドル活動を言い出した張本人として、他の皆が沈む中で虚勢を張って見せというもので、アニメ中では初めて期待した返答が返ってこなかったシーンになっています。これまで曜と千歌の同様のやり取りを続けていたからこそ、このすれ違いが強く印象に残るのですよ。
 終盤の展開は上でも書いたこれぞリーダーという心情の吐露を見せてくれたので、これ以上書くのは蛇足にしかならないです。自分が見たかった千歌が、Aqoursのリーダーとなった千歌がようやっと見られました。

 ダイヤは経験者として厳しく当たりつつも直接アドバイスを与えとバランス良く接し、鞠莉はサポート的立場をしつつも現実も見せて試練を与え続け、果南は自分と同じ思いをしてほしくないという立場を見せ続ける……三者三様の態度ながらも、下級生たちのことを導こうとしているのですよね。今の6人は良い上級生に恵まれているよなぁ……その上級生3人が加わった時、真のAqoursとなり、さらなる幅の広がりを見せてくれるはず。残るはあと5話、壁を乗り越えた・過去を克服した9人によるAqoursの完成形が楽しみです。

DAZN(ダ・ゾーン)使ってみた

雑記

 昨日、サービスが開始されたDAZN(ダ・ゾーン)に登録し使ってみました。

F1やプロ野球 横浜・広島も。月額1,750円のスポーツライブ配信「DAZN」開始 - AV Watch
 記事によると「130以上のスポーツコンテンツ、年間6,000以上の試合から好きなスポーツを、ライブ&オンデマンドで、いつでもどこでもお楽しみいただけるようになります。」との事。どんなスポーツがラインナップされているかは記事を読んでもらうとしまして……自分が最初に名前を聞いたのは「Jリーグの放映権料を10年2100億円で契約」という7月の記事。という事でJリーグのファンには「あれか!」と思う人が相当数いると思われます。
放映権料が上がった背景と使い道。コンサルがJリーグの分配を考える。 - Jリーグ - Number Web - ナンバー

 登録自体はそれほど多くの項目はなく、あまり時間をかけずに登録が可能です。ちなみに今は1ヶ月無料体験が出来ます。最初にクレジットカードを登録しますので、無料期間終了時に退会してないと料金が自動的に引き落とされるはず……無料期間終了時に連絡が来るのかはまだ初日なので不明ですが、出来れば無料期間終了の報告は欲しいかも。それだけで印象を悪くしてしまう人もいるでしょうから。退会時の挙動では、退会しても次の引き落とし日まで見られるというのは良いかも。引き落とし日直前に退会しようとして忘れるってこと、結構ありますからね。


 さて肝心の中身について……まずは映像。映像サイズはAbemaTVと同じくウィンドウサイズに合わせて変化しますし、フルスクリーンにも出来ますが、さすがに1920×1200ではちょっと粗が見えるかな。普段、自分が作業しながら流している時で640×360ぐらいにしていますが、これなら問題は全く感じられないです。もう少し大きくても大丈夫でしょうけど、サイズを自分で決められるのは楽ですね。

 コンテンツについてはまだ整備途上という感じ。自分はNFL・ロードレースが好きでNFL Game PassとJSPORTS(4も含む)を契約していますが、その2種に限って言えば「DAZN」はまだまだ配信・放送量は十分とは言えないレベル。ただNFLであれば全試合放送、ロードレースであればJSPORTSとほぼ同等な放送量になれば、乗り換える価値がある……どころか乗り換えた方が良いとまで断言できそうです。

 DAZN最大の売りはサッカーなのかな。かなり多くのリーグが放送されるようです。上でも書きましたがJリーグとも契約したので、来年からはJリーグも視聴可能に。もし全試合が放送されるとなれば、Jリーグファンの多くが加入してきそうな感じはあります。ここ最近のJリーグは、スカパーでの様々なチャンネルに渡っての放送で一元化されていなかったので、一元化は大きなメリットとなりそうです。

 1つのアカウントで6台のデバイスを登録可。2台の同時視聴可というのは強み。前述のNFL Game Passは2デバイス以上の同時視聴ができないので、帰宅時などにシームレスな移行が出来ないのですが、それが出来るのは大きいです。また、家族で別々の物が見るためにも1契約で済むというのも大きなメリットになりそうです。

 個人的に好きなダーツ・ビリヤードもあり、コンテンツの種類だけは申し分がないように見えるDAZNですが、種類だけでなく網羅できるレベルでの量も必要だと思います。まだその「量」は十分とはいえません。これからの拡充に期待してしばらく使ってみようかと思います。

ホームとアウェー ラブライブ! サンシャイン!!第7話

ラブライブ! サンシャイン!!

 見たのは3話まで、という状態描いたという「シマライブ!サンシャイン!!」をコミケで入手出来たのですが、アニメで描かれていない部分はこうなのかな?というifの物語を楽しく描いた「これぞ同人誌」という感じの快作でした。読んでみた感想としては、島本かず彦さんは予言者か……表紙からも分かる通りμ'sの物語も交えて描かれているので、ラブライブ!Projectが好きなら是非手に入れて欲しい1冊。自分は酷いオチになっていた最後の数ページで大爆笑していました。通販の告知は近いうちにあるようですよ。
http://urashimamoto.cart.fc2.com/news?news=257548
 サンプルは島本かず彦さん自ら宣伝したpostをご紹介。

 めったに増刷されないようなので、逃したくなければこまめにチェックして早めに、ですぞ。


 PVで順位が急上昇したタイミングで「東京スクールアイドルワールド」から招待メールがAqoursへと届き、東京へ出向くという物語。
 千歌の家の最寄りバス停「伊豆三津シーパラダイス」から「沼津駅」が約40分740円。沼津駅から鈍行で秋葉原駅まで2時間半弱で2270円。片道だけで3時間以上 3000円もかかりますから、内浦から東京へ行くのは一大イベント。という事で元音ノ木坂学院生の梨子以外は、お上りさん状態になってしまうのは仕方ないよね。しかし道中でさりげなく根府川駅を映すとかずるいよMagnetic today……。東京でも、みなが興味のあるものに目を向けてしまうという、Aqoursメンバーが秋葉原でも浮足立つ姿が描かれていました。しかし、善子・曜はこれまで見せていたからともかく、梨子にさらなる属性が追加されてしまうとは……。
 そういえば「ラブライブ!The School Idol Movie」で外国の都市が秋葉原のようだと思って、普段通りの振る舞いに徐々に戻っていったμ'sとは対照的ですよね。この辺も内浦という地理を上手く活かした変化になっています。


 同級生が持ってきた差し入れはのっぽパン。直営店での取り扱いはこんな感じですが、アニメ登場後はかなり早く売り切れるようになっているので、買いたい方はご注意を。
 その同級生からの激励を受けたことで、期待されるプレッシャーを感じる事となった千歌。期待されるプレッシャーをすでに経験している梨子。この2人がこれを乗り越えられるかが今回のイベントの肝となるでしょうか。
 前後しますが、神田明神で出会ったのがセイントスノーの2人。後にイベントで再会することになりますが、Aqoursに先駆けて出演するようで、まだ知名度は低い感じなのかな。そんなセイントスノーがどのようなパフォーマンスを見せるのかが楽しみですね。Aqoursはこれまで順位こそ気にしてきたものの、他のスクールアイドルと直接会ったことは無いです。そりゃ周りに学校が沢山有る場所じゃないですからね。そんなAqoursが他のスクールアイドルを見てどのような変化を見せるのかが楽しみです。

これが私の街 ラブライブ! サンシャイン!!第6話

ラブライブ! サンシャイン!!

 夏コミ前のお話の感想を夏コミ後に書く勇気……というか夏コミ前は原稿で忙しくて書けなかったのでね。
 ラブライブ!本「旅立ちの日を見送ったあとで~ありがとうラブライブ!~」はおかげさまで多くの方に手に取っていただけました。感謝です。ちょっと裏表紙にミスがあったのですが、それをカバーするカバーを製作中ですので、次の頒布時にはそれを付けて、すでに購入済みの方にはお配りする形で対応させていただきます。

 今回は松月さんが登場。初出はCYaRon!の「元気全開DAY!DAY!DAY!」のドラマパート。店内では各キャラのおすすめメニューや、各所にPOPがあったりとファンを歓迎するディスプレイがたくさんあります。CD発売直後から訪問客が増えていましたが、このアニメ登場でさらに盛況になったようです。その結果、商品の製造が追いつかないのか、8月いっぱいは10時~17時(通常 9時~20時)の営業(参考URL)となっていますので、訪問予定の方はご注意ください。あと火曜日も定休日ですのでこちらもご注意を(Twitter検索で見ていると知らないで行ってしまう人が多く見られるので)。

f:id:kei-an:20160712084935j:plain

 自分も何度か訪れていますが、みかんどら焼きは日持ちもするのでお土産に最適。みかんパウンドもみかんの風味がふわりと感じられて美味しいです。そしてこの前イートインしてきた時には偶然にも善子セットを注文していたのに気付いきました……え、リトルデーモンにならなきゃいけないの?本来善子はみかんが嫌いなはずですが注文されちゃったのかな?ケーキは手付かずで、みかんジュースだけあっという間に飲み干していた善子ちゃんが可愛かったです。

f:id:kei-an:20160819160946j:plain

f:id:kei-an:20160819160951j:plain

 あ、みかんジュースを買うなら伊豆・三津シーパラダイスと浦の星女学院のちょうど中間ぐらいにあるOH!MOSがおすすめ。松月でも見られる小さいビンだけでなく1リットル瓶も売ってますよ。

 5話では花丸が幼稚園での善子のエピソードを語ったのに対し、6話では善子が幼稚園での花丸のエピソードを語る。さりげない仲良し描写から、1話で花丸が善子に気付いたエピソードに説得力が出てくるのですよね。そして同じバスで帰っていく曜&エンジェル(ED参照)もそうですし、ルビィちゃんもメンバー間では人見知りを出さなくなってきましたし、メンバー間の結びつきが少しずつ強くなっているような描写がさり気なくされているのが良いですよね。

 今回の話の流れとしては、統廃合決定からAqoursの新たな活動動機が生まれ、その流れで入学希望者増を目指してPV作りをしようとした所で、梨子によって「内浦の良さ」を知るというお話。住んでいる所の良さについては「あるのが当たり前」という感覚に陥って意外と気付けないものなのですよね。それを外から来た梨子が教えてくれた。これは転校してきたからこそ気付ける点かも。実際、自分も何度か内浦周辺を巡っていますが、良い所なのは間違いないです。しかしこれが他の街より秀でているかというと……そんな事無いのですよね。どの街にも良さがある、ただ育ったり住んでいる自分の街とは違う良さだから気付きやすい。「舞台探訪」した人が自分の街と比べる発言をするのを見かける事がありますが、新鮮さで気付きやすいだけで、住む街は当たり前すぎて気付いていないだけなのですよね。だから外の街だけでなく(見ている)あなたの街の良さも気付いてほしいな、そんな事を思いながら見ていました。

 偶然にも初回放送と同日に鴨川でスカイランタンが行われていたので動画も見てみたのですが、実際にランタンが飛んで行く姿は幻想的でした。あの歌う背景で飛んでいた地元の人達に協力してもらったスカイランタンに、地元の事を綴った歌詞が重なって、とても良い演出でしたねー。

コミックマーケット90のおしながきです

雑記

コミケ直前で慌ただしいですが、私は隙あらばラブライブ!サンシャイン!!を見続けている毎日です。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さていよいよ明日はサークル参加の日。初日に友人のshachiさんに委託をお願いしたのですが、まさかの午前中完売……明日に残り全部を搬入していますが、たぶん残ると思います……よ。いやー流石に売り切れはしないだろうと踏んでいるのですが。

場所は東地区 パ-34b 「鎧屋」 です。
そのサークルでのおしながきですが……

NFL関連
 NFLプレビュー 2016 (無料配布)
 NFL観戦記 (全種200円)
机の上には2014・2015のみ置いて、過去分は机の上に出さない(置けない)ので見たい方はお尋ねください。

趣味の食べ物同人誌
 シロノワール FAN BOOK (200円)
お手製なので数冊だけ作りました。

ラブライブ!
 旅立ちの日を見送ったあとで 〜ありがとうラブライブ!〜(1000円
渾身のラブライブ!本です。15人で144ページ、やりすぎ。説明は以下の2つのサイトを見ていただければと思います。
(※注)にこが行方不明になるという裏表紙でのミスが有り、当日は正しい画像のペーパーを添付させていただきます。刷り直しについては検討中ですが、刷り直しをした際には購入していただいた本と交換対応させていただきますので、ご承知の上購入していただければと思います。
 サイトはこちら http://loveliveafter.tumblr.com/
 私や参加者のコメントはこちら C90新刊「旅立ちの日を見送ったあとで 〜ありがとうラブライブ!〜」ご案内 - Togetterまとめ

こちらの本は3日目 東地区 ク-17b「納豆柱時計」さんにも委託予定。ラブライブ!サークルでの頒布ですので、ラブライブ!ジャンルに合わせて来られる方はこちらでどうぞ!

委託
 1日目の分は完売してしまったshachiさんの本「掌から零れた雫(700円)」が買えるのはうちのサークルか、うちの本も委託している3日目の「納豆柱時計(東地区 ク-17b )」さんしかありません。「手のひらの露」のセルフ同人誌、世界観が広がる1冊ですので、小説に興味のある方は是非ご一緒に。

 

当日は余裕がそこまで無いと思いますので、端末等でTwitterアカウントをお見せいただければ対応しやすいので、ご協力をお願いします。
それでは明日。会場でお待ちしておりますー。

本当の自分、ありのままの自分 ラブライブ! サンシャイン!!第5話

ラブライブ! サンシャイン!!

 7月31日に沼津でAqoursイベントがあったのですが、キャストが30日から31日にかけて、ラブライブ! サンシャイン!!と縁のある場所でサインを残してきたという事で2日にちょこっと見に行ってきたのですよ。情報としては「伊豆箱根バス」「伊豆箱根タクシー」「東海バス」「伊豆・三津シーパラダイス」「Aqours丸(あわしまマリンパーク)」だったのですが、バス2種とみとしーだけで時間の都合上引き上げたのですが、色々な所にサインがあってもう以前撮った写真との間違い探し状態で楽しいやら大変やら……完遂できなかったのでまた行かないと。

 あ、5話で善子の家が出てきたのですが、あの場所は結構早い段階で見つかって話題になっていたのですよ。それは何故かと言うと……舞台巡りにも載せられているこの善子のイラストの背景にある建物だったから。善子の家の場所も、このイラストを意識して作られているのかなぁ、なんて現地で見ながら思いましたよ。

f:id:kei-an:20160805200127p:plain



参照

御成橋と狩野川をクリックすると写真が見られますが、背景にあの建物が見えるはずです。

 

 5話は善子のお話。あれな言葉を使ってしまったり、占い道具を持ってきたりと、高校入学を機にある意味「高校デビュー」のような事をしようとしていながらも実は全く改める気配が感じられなかった善子。善子の家と学校はバスで40分近くはかかる距離で「たまたま来た」という見え見えの嘘をついたりと、言動を直そうとしたり正直になれない部分があったのですが、それが元Aqoursメンバー5人との活動を経て、少しずつ解きほぐされてこれまでと同じような自分のままで良いんだ、その確認をしていく物語だと感じられました。

 今回も花丸ちゃんが良い働き、ルビィの加入へと繋げた前回に続いて、気配りのできる良い子っぷりを見せていました。幼稚園まるの「ずら~~~~」が可愛すぎて反則……でしたが、最後はやはり普通怪獣ちかっちーの強さですよ。場面を見ていくと4kmにも渡る追跡劇の後に、基本受け入れる姿勢を見せながらも一線はきちんと引くような言葉で、善子をヨハネとして受け入れた辺りにリーダーたる素質が感じられました。とは言っても、動画のシーンでは千歌へのコメントが無かったりと、特徴が無いと他者視点からも描かれているような感じの千歌、それが今後の課題になっていくのかもしれません。

 インパクトに拘って本来の自分から逸脱した結果、それぞれに個性があるから自分たちが自分たちのありのままで良いんだ、という結論に至るのはラブライブ!2期6話と同じ展開ではありますが、善子のバックボーンを活かしつつ展開させて似ているという印象を初見では抱かせなかったのが面白かった点。あらすじを書き出してみると「同じかな?」なんて思いそうですけど、実際に見てみると似て非なる物語になっているんですよね。