読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいあんの御触書

ラブライブ!・食べ物 ときどき イベント ついったーは @kei_an

Super Bowl LI(特にあの3rd & 1)について考えてみる

Super Bowl LI、凄かったですね……正直第3Q終わる頃には「1ポゼ(8点)差ぐらいまで追い上げれば良いんじゃない」というレベルの敗戦ムードだったわけですが、まさかの展開でした。そこではしゃぎすぎたせいか、翌日から体調を崩し、ようやく今日になって仕事に戻れた感じで今週はボロボロだったのですが ><

NEファンにとっては夢のような大逆転劇だった、ATLファンにとっては悪夢のような展開だったSuper Bowl LIの第4Q。特に言われているのがこのプレイのようです。

3-1-ATL 36 (8:31) (Shotgun) M.Ryan sacked at ATL 25 for -11 yards (D.Hightower). FUMBLES (D.Hightower) [D.Hightower], RECOVERED by NEA.Branch

「なんでランをしなかったんだ?」と言っている人が思いのほか多くてびっくりしているのです、自分は。という事で、自分が覚えなかった違和感、つまりこの流れに至った状況について解説してみようかな、というのがこのエントリになります。

まずGame Statsなど様々な情報が詰まったpdfへのリンクを張っておきます。
http://www.nfl.com/liveupdate/gamecenter/57167/ATL_Gamebook.pdf
これを見て振り返ってみましょう。

3ページ目に最終スタッツがあり、そして7ページ目に前半のスタッツがあります。これを見比べてみましょう。必要な部分を画像にしてみました(加工あり)

f:id:kei-an:20170211232916p:plain

f:id:kei-an:20170211232924p:plain

前半のATLは理想的な試合運びでした。ランが1回平均10yds近いですから、ランユニットの良さが際立っています。このランの良さがパスにも好影響を与えました。
対するNEはランがほとんど出せずパス頼みの展開。しかしそのパスも成功率は60%を僅かに超えた程度。落球も多かったですが、積極的なATLディフェンスにパスを投げ急がされたり、キャッチを防がれたりと、ランが出ない為にパス守備に力を注がれてやられる悪循環に陥っていました。

しかしながらハーフタイムで調整してくるのがNEの強さ。上下の画像でスタッツの差分を取ってみましょう。後半、ATLのラン攻撃は9回 18ydsと平均2ydsでした。対するNEはラン攻撃が11回 69ydsと、前半とは対象的なスタッツとなりました。
ハーフタイムショーもあり、少しだけ長く時間が取れたのもNEに追い風となったのでしょう。NEのランが出やすくなったのは、点差が離れてNEオフェンスがパスを多用せねばならない状況になり、ラン攻撃への意識が削がれたのが一因ではあります。しかしATLのランが出なくなった事に対しては「明確に」修正が施されたと見ても間違いないのは、1プレイごとの獲得ydsを見ても一目瞭然でしょう。

f:id:kei-an:20170212013325p:plain

リアルタイムで感じていた感覚的なものが、データとしてまとめた事で確信したのがこの表でした。
後半のATLは反則で取り消しになったプレイ(行6 右のカッコ内)も含め、4回も後退したランプレイがありました。そして特に気になったのがショートシチュエーションでのランの出なさだったのです。

【第3Q】
2-1-NE 6 (9:28) D.Freeman up the middle to NE 9 for -3 yards (E.Rowe; R.Ninkovich).

2-1-NE 32 (1:30) T.Coleman left tackle to NE 33 for -1 yards (T.Flowers).PENALTY on ATL-J.Matthews, Offensive Holding, 10 yards, enforced at NE 32 - No Play.

【第4Q】
2-2-ATL 35 (9:00) T.Coleman up the middle to ATL 36 for 1 yard (T.Flowers; L.Ryan). ATL-T.Coleman was injured during the play


1st down更新まで2yds以下の2nd downでのランプレイがこんな感じですから、3rd downも再びランで……というのはちょっと気が引けますよ、これ。実際この3プレイの次は全てパスになりました(2つ目は反則での罰退で2nd downやり直しではあるのですが)

先程のpdfから別の部分を抜き出してみました。

f:id:kei-an:20170211235352p:plain

書式は異なりますが、ランでの1st down更新回数を見てみると、ATLは後半ランでの1st down更新が1回もありません。さらに言うと3rd downでの1st down更新は後半0%です(0/5)。後半の1st down更新はパスですら7回しかありませんが、前半あれだけ好調に見えたランが大きく落ち込んでいるのがよく分かるスタッツだと思います。

後半のNEディフェンスは「ランは止められているので後はパスだけ」、これはHOOTERSで観戦していた時の感覚もそうでした。点差が離されているだけに「時間を使われるわけにはいかない」という意識もあったからでしょう。ランへの人数の割き方を見ても明らかなように、ハーフタイムでの調整はラン対策に比重をおいたように感じられました。それが奏功したのが上の2nd downでの3プレイだったと思います。このように1st downまでの短い距離をランで取らせないという守備を続けた事で相手オフェンスの攻め手を削り、ビッグプレイに繋がったと言っても過言ではないでしょう。
ATLにとってさらに不運だったのは、ファンブルロスト直前のプレイでRBコールマンが傷んだ事。もう1人のRBフリーマンに密集に突っ込ませるようなプレイをさせて怪我でもしたら、さらにランの攻撃力は落ちますからそれは避けたいでしょうしね。

上のプレイとは別にATLにとって不運なめぐり合わせだと感じたのが、WRフリオ・ジョーンズの好キャッチ(下の引用一番上のプレイ)が出た後の展開。1st downのランでロスタックルを食らうと、パスを選択した2nd downではQBライアンが投げ捨てる間も与えられず12yds後退。このプレイもパスの選択自体は悪くなかったものの、割って侵入を許した場所とQBライアンが逃げた方向が見事に噛み合わなかった不運なプレイでした。ここでランをしていれば……とは言いますが、第3Qで相手のKゴストウスキーがPATを外していますし、プレッシャーが掛かる場面で少しでも楽に蹴らせたいという気持ちもわかりますしね。結果的にあのPAT失敗も、この場面でNEの追い風になってしまったのかもしれません。

2-8-NE 49 (4:47) (Shotgun) M.Ryan pass deep right to J.Jones to NE 22 for 27 yards. P16
1-10-NE 22 (4:40) D.Freeman left end to NE 23 for -1 yards (D.McCourty).
2-11-NE 23 (3:56) (Shotgun) M.Ryan sacked at NE 35 for -12 yards (T.Flowers).
Timeout #1 by NE at 03:50.
3-23-NE 35 (3:50) (Shotgun) M.Ryan pass short left to M.Sanu pushed ob at NE 26 for 9 yards (L.Ryan).
PENALTY on ATL-J.Matthews, Offensive Holding, 10 yards, enforced at NE 35 - No Play.
3-33-NE 45 (3:44) (Shotgun) M.Ryan pass incomplete short left to T.Gabriel.

 

WRエデルマンのスーパーキャッチ(下にリンクあり)や、QBブレイディ・RBホワイトの活躍ばかりが取り沙汰されている感じですが、実はハーフタイムで調整したNEディフェンスの要所での踏ん張りが大きかったのですよ、と自分は声を大にして言いたいです。あと単にミスに見えたPAT失敗が、終盤のATLにプレッシャーを与えた要因になったのではと考えると、何がどう繋がるかわからないと感じるのと同時に、大舞台の怖さをまざまざと感じる試合だったと思いますね。

「アイドルマスター SideM×山梨」再来 ということで案内をしてみるよ

※ちょこちょこ追記しております。(服装のこと・ルマンドアイスのこと・深夜バスについての情報追加。「甲府でしかできない50のこと」を掲載)

今年もSideMな面々が山梨に……しかもイベント規模拡大してないですか?昨年はイベント中はもちろん、イベント終了後も山梨まで来てくださった方が多数いらしたようですが、今年もそんなイベントになってくれればなぁ、と思っております。
「SideM×山梨」で興味を持ってくださった方へのガイドを書いてみる - けいあんの御触書
去年もこんなエントリを書いてみたのですが、今回は開始前に来る方々へ向けての情報を書いておこうかなと思った次第です。

まずはキャンペーンで発表されたものが2つありました。

大型広告キャンペーン | アイドルマスター SideM×山梨
ポスターキャンペーン | アイドルマスター SideM×山梨

この2つは去年と同じですね。

1つ目は前回同様「山梨文化会館」での掲示。円柱状の柱に貼られるので1回の撮影で綺麗に撮るのが難しい事だけが残念ですが、良くテレビ番組の宣伝ポスターが貼られている場所でかなり目立つ場所。そこを1ヶ月以上もアイドルが占拠するわけですよ。インパクトは抜群です。

2つ目はアイドルのポスター掲示。前年も貼っていた場所から4箇所増かな?
甲府市内を回るのにレンタサイクルが便利とTwitterで色々な人が書いていましたが、今年はサイトに載っています。やる気満々です。ただ、それほど台数は多くないので、土日祝に借りるなら早めに来ないとならないかも。注意事項はサイトで確認して下さい。 
甲府市/レンタサイクルで甲府を巡ろう!!

しかし甲府市内はともかく「北杜市オオムラサキセンター」「道の駅はくしゅう」は「金精軒本店」に並ぶくらい難関で、前年以上にコンプリートは難しくなっております。マイカーやレンタカーが使えれば楽ですが、公共交通機関だけだと本数が少ない山梨では大変……ですが、そんな大変なポスター巡りに強い助っ人があるのですよ。
315プロダクションご一行様 山梨視察バスツアー | アイドルマスター SideM×山梨

イベントとして発表されたこのバスツアー、特に難関となる遠方の「金精軒本店」「金精軒韮崎店」「北杜市オオムラサキセンター」「道の駅はくしゅう」に加え、甲府市内でも山の中腹にあって訪問難易度が高い「山梨県立科学館」をカバーできるという素晴らしい巡回ルート。約7時間かかるためほぼ1日拘束されてしまいますが、レンタサイクルを9時に借りたり、タクシーを上手く使えば、集合時間までの2時間あまりを利用して他の5箇所の巡回も可能です。徒歩でも出来なくないですけど、調べながら回るのは意外と時間がかかりますからね。免許を持っていない、ペーパードライバーだから運転したくない、そんな人にはうってつけのツアーだと思うのですよ。

バスツアーを使う前提なら、残りの5箇所を「コラニー文化ホール」→「アニメイト甲府店」→「ローソンサテライト甲府市役所店」→「山梨県庁舎防災新館」→「山梨県立図書館」の順で回ると、集合場所にすぐ行けるのでオススメです。

バスツアーなしの場合、甲府周辺を回る際に「山梨県立科学館」だけはバスorタクシーを使った方が良いです。地図で見ると距離は近いですが、皆さんが思っている以上に標高差はあります。あと「印伝の山本」さんは南甲府駅から歩いていけますが身延線の本数がかなり少ないので、甲府駅から晴れていればレンタサイクルで、天候が悪いならタクシーで「コラニー文化ホール」とセットで甲府駅から回るのが良いと思います(相乗りして安く済ませるのもありですよ!)。

コラボグッズ展示会 | アイドルマスター SideM×山梨
2つ目のイベントはグッズ展示ですが、去年も「山梨県庁舎防災新館」での開催なので、ポスターだけ見て展示を見逃したりその逆をしたりしないようにしてくださいね。

第1弾ポスター展示会 | アイドルマスター SideM×山梨
3つ目のイベントは昨年のポスター展示。「山梨文化会館」なので大型広告キャンペーンとセットで見ると良いですね。



とりあえず現状で公開されたキャンペーン・イベント絡みの話はここまでにして、その他諸々について。

・コラボ情報掲載紙について
山梨日日新聞にコラボ関連の記事が載ることがありますが、数は少ないですが新宿駅の特急ホームで取扱があります。それを逃した場合でも送付サービスがありますので、是非そちらを利用してみてください。
PRESS | アイドルマスター SideM×山梨


・食について
甲府駅周辺のお店は意外と早仕舞いなので注意が必要です。
まずは食ですが、駅周辺から甲府市役所・アニメイト付近までのオススメを挙げてみると……
ほうとう」では「小作(駅の南口・北口ともにあり)」「ちよだ
「鳥もつ煮」は「奥藤(そば店)」「とんかつ力
ここからは色々と……
前回も紹介した「寺崎COFEE」は一休みにぴったり。レモンパンがオススメな「丸十パン」は朝6時半から開いているので、軽い朝食にちょうど良いと思います。最近南口にも出来て北口・南口どちらにも店舗を構える「丸政」は、小淵沢駅で評判の駅そばが手軽に食べられるお店。「ジョイアル」はカレーの美味しいお店です。

・宿について
たくさんあります。コラボしている場所が多い駅周辺なら1人でも受け入れてくれる宿は多数ありますしし、2人以上でちょっと良い旅を演出したいなら湯村温泉まで足を伸ばし「常盤ホテル」「甲府富士屋ホテル」等も選択肢に入れてみても良いかもしれません。

・移動について
山梨への交通の便は良くありませんが、東京(新宿)からなら特急一本で来られます。特急始発の7時新宿発のあずさで8時29分着予定。7時半新宿発のあずさで9時08分着予定。レンタサイクルの開始が9時なのでちょうど良い感じなのがこの7時台の2本です。もし特急を利用するならあずさ回数券がオススメ。片道4130円が2880円になりますし、鈍行のみの2270円との差額約600円程度で時間も1時間近く早くなり、乗り換え無しという楽な移動を考えると、あずさ回数券を使わないのは勿体無いです。6枚綴りなので3人なら問題なく使えますし、金券ショップなら2800円ぐらいから売っています(その切符を使って駅の端末で予約ができます)。えきねっと予約の「トクだ値」ならあずさ回数券と同等な金額かそれ以下(平日)で1人から乗れますが、売り切れてしまう可能性があるので注意です。
高速バスもありますが始発が7時05分で甲府駅バスターミナル9時15分着。平日なら問題なさそうですが、土日は行楽渋滞に巻き込まれる可能性があるので、おすすめしにくいです。

西側(東海以西)からは直通のJRは無いです。ですので新幹線で富士駅乗り換えからの身延線や松本・塩尻からの中央線が基本パターンになると思いますが、体に自信がある関西方面の方なら深夜バスの利用もありでしょう。宿代の節約になりつつも、朝から活動が出来ますので1日をより長く使えます。安いのはWILLERですが、到着時間が早すぎて少し困ってしまうかも。近鉄バス山梨交通のクリスタルライナーなら7時少し前到着で活動開始に丁度よい時間かな。ただ高速バスは寝られるか寝られないかで、体の負担が大きく変わりますし、クリスタルライナーはWILLERに比べると快適度は落ちるので、慣れていない方は要注意かも。

大阪→甲府 夜行バス 大阪 甲府 最安値情報 | 夜行バス比較なび

甲府→大阪 夜行バス 甲府 大阪 最安値情報 | 夜行バス比較なび

上に時刻表付きの深夜バスデータがあるのでまずはそちらをお読みください。

WILLERで来る場合、甲府駅到着が朝5時前(時刻表通りだと4時ジャスト)になりますが、その時間で開いているお店はコンビニぐらい。ファミレスも一番近いジョナサン甲府駅南店が5時45分開店なので、少し待たされる事になります。WILLERで帰る場合、甲府駅出発が25時20分。こちらはジョナサン甲府駅南店が26時まで開いているので、そこで寒さは凌げなくはないですが、ちょっと時間が開いてしまいますね。

一方のクリスタルライナーは夜行便に加え昼行便もあります。ですので金曜日に休みを取って前日入り、宿泊を経て土曜日にバスツアーを使って回るという事が出来ます。上述の「常盤ホテル」「甲府富士屋ホテル」は停留所も近いので、バスを降りてすぐにチェックインも可能です。また金曜日夜行便で土曜朝甲府到着から土曜日夜行便で甲府発の弾丸ツアーも出来ます。また金曜日夜行便から土曜日宿泊し、日曜日の昼行便or夜行便で帰るゆったりツアーも出来ます。


車での移動がメインな土地なので、車で来るのもありです。甲府市周辺を回るにしても上限有りの駐車場が多いので、料金をそれほど気にせず停められるはずです。駅周辺は12時間1000円上限の駐車場が一番高い感じですが、12時間あればバスツアーに参加してもギリギリかな。駐車場については今度調べてきて追記しますね。
【追記】
北口・南口ともに1000円上限が多めですが、少し歩くと値段が下がっていきます。慣れない土地ですので分かりやすい所に止めるのをオススメします。南口よりは北口の方が近場の選択肢は多めです。
この辺を参考に
甲府駅周辺駐車場検索サイト「どけえとめっか」


・お土産について
今回も参加してくださる「金精軒」さんでは、賞味期限が短いですが「極上生信玄餅」がオススメ。信玄餅のイメージが変わると思います。あと「大吟醸粕てら」は自分がお土産で使う定番品。しっとりとして真っ白で、カステラのイメージが大きく変わると思います。
フルーツなども色々ありますが、重くなるので送付がベターかな。車で来たならそのまま持ち帰れると思います。
工芸品では「印伝の山本」さんを始めとした「甲州印伝」。また甲府市は宝石加工でも有名なので、ジュエリー関係のお店を覗いているのも良いかも。

・服装について
2月から3月中旬ぐらいだと、東京・大阪で一番寒い時期を想定した方が良いレベルで寒いです。防寒対策は忘れずに。歩く場面も多いので歩きやすい靴も大事。今回のコラボ企画は、アイドルの働きぶりを見守るのがプロデューサーさんの役割でしょうから、過度に着飾らず、暖かく、動きやすい出で立ちにしましょう。

・その他諸々
イベント開催時はいちご狩りシーズンまっただ中。車で来たり、1泊で時間に余裕があったりするならいかがでしょうか?個人的オススメは車がないと厳しいですが「グルメいちご館前田」、周辺の農園よりも少し高めですが、それだけの価値があるいちご狩りが出来るはず(要予約ですよ)。

車があれば「ほったらかし温泉」も選択肢の1つ。日の出前から営業開始(2月は6時頃、3月は5時半頃 開場)しているので、日の出を拝んでからコラボ場所を巡るのも良いでしょうし、コラボ巡りを終えてから帰宅ラッシュ渋滞を避けるべくお風呂に入って時間をずらす戦略もありです。

2月6日からルマンドアイスが山梨でも発売されるとのこと。(参考 あの「ルマンドアイス」が長野と山梨でも発売決定 | ORICON NEWS )山梨お土産というわけではありませんが、興味がある方もいるでしょうから、販売箇所を調べておきますね。(2/11 追記)ファミリーマートで取り扱っているようです。駅周辺に店舗がいくつかあるので、興味があるなら探してみてはいかがでしょう。(2/13追記 セブンイレブンでも取扱がはじまりました)

自分が上げたスポットと被る部分もありますが、市が作ったサイトにも良い情報がたくさんありますので、参考にしてみてください。



とりあえず思いつくままに並べてみました。聞いてみたい事、他に書いてほしい事があればけいあん (@kei_an) までReplyしたりDM(非フォロー者からも開放中)したりしてください。
山梨の旅がより良くなることを願っておりますよー。

 

2016年のfavまとめ

あまりfavしないので1年単位です。「これはいざという時に出したい」というpostはfavではなくお気に入りに入れ、いつでもすぐに出せるようにしているので(例 https://twitter.com/tororosoba/status/359338133000695809 )覚悟してくださいね。

載せないでほしいという方は @kei_an に連絡を。


片付きましたか?

分かりやすかった

本当に好きなくせにぃ

 ↑は https://twitter.com/kei_an/status/703452063938662400 を受けてのpost

 映画を見ていたら季節が変わるって事、良くあるんですよ。

 

仲良しさん!
しかしこれに私も10日後に乗ることになるとはね……  https://twitter.com/kei_an/status/715063694569279488

 あるある

 本当に素晴らしいのです

syattenさんらしさを感じました

 役者さんの凄みが簡潔に分かったpost

 私がお願いしました

 熱望する

 わかるわ

 急いで買ったようですが、時期が悪かったのか被害もあったようで……

 読まない文字にも意味は込められている。正しい名前を大切にしたい。

 お忙しいようですが、いつかフルで見たい作品

 関係性を楽しむものですよね。たまたま男同士・女同士だったりするだけで。

 真顔集はこちらで https://twitter.com/i/moments/782528996294569984

 

 大勝利

 これは本当にそう、幸せな世代

 香港の方が完成させていた、凄い。この後も何人か海外の方が完成させていたはず。

 この後、塩も送られてきたようです。 http://twitter.com/onigirinigirime/status/804259310515560448

 

 私も覚えられるレベルに達したい@ローストホース

 楽しんでいるようですね(これをまとめている今、現在進行形)

 残念ながら……


また来年も1年分でやりましょう。

【サンシャイン!!編】お気に入りラブライブ!動画2016年度版

ニコニコにupされた「ラブライブ!」動画の私選まとめ、こちらは「サンシャイン!!」サイドになります。展開的にμ'sが出てくるものもありますが、サムネや内容を見てこちらに入れたものがあります。

まだ映像素材が少なかった上半期は少なかったのですが、アニメが始まってから増えましたねー。声優さんネタな動画もありますが、楽しんでいただければ幸いです。

全動画が入っているマイリストはこちら

 

・。w。 さん


・パンミミさン さん


・ゆめはる さん


・だ~やま さん


・なおきやま さん


・けーじぃ さん


・ichiro_j さん


・ようかん家 さん



・やぶなみ さん


・ショコラミント さん


アルベド さん


・煩腐来三代目 さん


・めいろく さん



・お魚25252 さん



・しらさわ さん


・ゆーき 光 さん




・幽霊.1 さん


・ナナセ さん


・プレミアム御柱 さん



・arpus80 さん


・486 さん


・rjmf さん



・せみすぺ さん


・IAD さん


・タケキタ さん


・桐子 さん


・やぶなみ さん





・ようかん家 さん


・ファーリッソ さん


・みの さん


REGZA さん


・さぁや@繪里子さん大好き さん


・げーらぼ さん



・無駄無駄とあかぎ さん



・ごろう さん


・ⓊⓃⒾ(海胆コーン) さん
<br />
・めいろく さん


・bakubakku さん


・かきくけこ さん


・ヒサ さん


・yuyq さん


・ショコラミント さん


・うしきゅん さん


・麦畑(むぎばた) さん


・葉桜號《海未梨子推し》 さん


・ba96u(2巡目) さん


・Owm さん


・さんちぇ さん


・HAT さん


・βcon さん





・@ゆゆ さん



・すあこ さん


・アルファ さん



・らるでぃ さん


・醤油 さん


・白蝉いつき。 さん


・ツぺル さん


・techno_m@ster さん




・ぽっこん さん


・むぎ茶 さん


・一発ネタ丸 さん



・めろろ さん


・スリッキー さん



・隼人 さん




ラブライブ!(μ's)の方はこちら

お気に入りラブライブ!動画2016年度版

今年もニコニコにupされた「ラブライブ!」動画の私選まとめです。「ラブライブ!」タグでupされた動画を全部浚い、内容を見て選んだマイリストです。今年は「ラブライブ! サンシャイン!!」は別にエントリを立ててみました。

去年言及したMMD動画がかなり増えてきました。自由な動きが出来るようになって表現の幅は間違いなく広がりましたね。いつもの映像MAD・音MADも少なくなりましたし、誕生日動画も減ってしまっていますが、Final LoveLive!!!!!!!!!や6周年など記念のタイミングでは、強い愛が込められた動画があがるようになっていて、これはこれで良い傾向なのかも。

全動画が入っているマイリストはこちら

・さにぶー さん


・えめらるど さん


・隼人 さん



・ベス さん



・なおきやま さん


・IAD さん


・とうふネコ さん



・ぶちょ~ さん


・いぬふと(ステマニP) さん


・かなたん さん



・りりりりり さん


・KOUME-i さん


・311i(みぃ) さん


・げーらぼ さん



・dpx3245 さん


・ロリ さん



・LLT さん


・アキ さん


・ダミアーノ さん


・アルファ さん



・ほっしゃあ さん


・mimg11 さん



・η(えーた) さん


・kokola さん



・なつ さん


・闇のぬいぬい さん


・お魚25252 さん


・TERA さん


・げーらぼ さん


・武月(たけつき) さん





・はぴはぴ太郎 さん


・TOWNACE NOAH さん




・bakubakku さん



・mosuko さん


・あああああ さん


・よこと さん


・さくや・ネプテューヌ さん


・123ぉこp さん


・ミネ松 さん


・decky. さん


・THEチキン さん


・やけくそライダー さん


・ミミワールド(ルイやビ) さん


・せなか さん


・穂乃饅 さん


・とあるラブライバー さん




サンシャイン!!編(Aqours)はこちら

過去の

ラブライブ!サンシャイン‼︎ × 雄大 SUN!SUN! サンシャインCafeへ行ってきました

ラブライブ! サンシャイン!!

 8日から始まった「ラブライブ!サンシャイン‼︎ × 雄大 SUN!SUN! サンシャインCafe」へ行ってまいりました。

 地元新聞の記事では公式カフェと呼ばれていまして、コラボカフェとは一線を画しているのかな……主導が異なるのかしら。運営は沼津を中心に飲食業を展開している「雄大」さん、元々同じ場所でビアガーデンをやっていたのですが、その場所をサンシャイン!!仕様に衣替えしての営業です。

 もともと飲食業を中心にやっている会社だったので、食べ物の質に関してのクオリティは心配していませんでしたが、どのメニューも美味しかったですよ。今回、自分が頼んだのは「曜ちゃんのヨキソバ」「しいたけ餃子」「ラブライブレード!(からあげ)」「ダイヤの贅沢スウィーツプレート」「ルビィちゃんのおいもちゃん」とドリンク9人分です。こんな感じ(ドリンクを君ここポジションにするつもりが、ちかりこの配置を間違えるというテイタラーク)

f:id:kei-an:20161108112104j:plain
f:id:kei-an:20161108112229j:plain
f:id:kei-an:20161108112656j:plain
f:id:kei-an:20161108113034j:plain
 いやー「ヨキソバ」の再現度かなり高くないですか。集合写真のときにはケチャップが滑り落ちちゃっていましたけど、単品で撮った時に「やりおるな」って思っちゃいましたからね。「しいたけ餃子」もシンプルながらしいたけの風味が邪魔しない程度に馴染んでいましたし、「ラブライブレード!」は骨なしのチキンで柔らかくて、全て美味しかったです。
 デザートの「ダイヤの贅沢スウィーツプレート」はめっちゃ抹茶。タルトがプリン風にしてあってまさにダイヤ様向けメニュー。そしてダークホース「ルビィちゃんのおいもちゃん」、紅天使めっちゃ甘くてびっくり。アイスとの相性も良くておすすめの一品ですよ(ただしコースター非対象)。

 今回は食べませんでしたが「松浦家の食卓」を始め地元の産品を多く使っているようで、地域振興に少しでも繋げようとしている姿勢は好感が持てますね。

 中の展示物などもとても良い雰囲気でして、ファンにはたまらない空間だと思います。売店では原宿のショップで売切れていたナップザックやトートバック(これは初日で売り切れた模様)や、上述の地元の産品に加え、取扱店の多くで売切れていた寿太郎みかんジュースが少ないながらも取り扱っていた事にびっくりしました。もう沼津・内浦周辺の主要店では見かけないレベルだったのに……そうそう、売店での販売物にはキャラごとのシールが貼られていますので、ちょっぴり特別感があります。
 実はわたくし並んだのが一番早くてですね……レギュレーション通りに7時に行ったら誰もいなかったのです。まあ火曜日朝7時にあの場所に居られる人は限られますよね。おかげで記念品として寿太郎3点セットを頂けたのですよ。下の写真を見ていただけるとわかると思うのですがシール付いているでしょ。それが上で書いたシールですね。入店前に「誰が好きなんでしたっけ?」と聞かれたので答えたのですが、わざわざ花丸ちゃんシール付きを揃えて用意してくれたの嬉しかったですわ。整理券も初日は特別に希望キャラにしてもらえたので当然花丸ちゃんで。

f:id:kei-an:20161108100231j:plain
f:id:kei-an:20161108110519j:plain

 かなり良い感じだった「ラブライブ!サンシャイン‼︎ × 雄大 SUN!SUN! サンシャインCafe」ですが、大きな問題点が……開放型店舗なのでとても寒いです。暖房器具はありますがあまり機能しません。食べる量としては問題ないレベルで頼み、帰り道でお腹すいたと思うぐらい容量的な余裕はあったのにもかかわらず、寒さで凍えて食べるのが辛くなる経験は初めてでしたが、それぐらい寒さを感じます。温かいメニューがほどんど無いので、携帯カイロ・使い捨てカイロを用意したり、防寒具を着たり、インナーを1枚増やしたりするなどして対応した方が良いでしょう。訪問の際にはその点を気をつけていただければより楽しめると思います。

 最後に問題点を書きましたが、メニューのレベルが高く、しかもそれが舞台の街で味わえるというのは大きな利点です。終了時期は未定で、客足次第という話も聞きましたが、是非長い間続くようなお店になってくれると良いなと思います。自分も今回食べられなかったメニューがあったので、次の訪問の際にはそれらを食べたいですね。また舞台訪問の楽しみが1つ増えましたわ。

・ソロのコースター全員分
f:id:kei-an:20161109152736j:plain
・長いレシート
f:id:kei-an:20161109193339j:plain
・入場整理券もこんな感じだから集めたくなってしまう

f:id:kei-an:20161108104356j:plain

「コンカッション」を見てきた

雑記

 アメリカの4大スポーツの中でも飛び抜けて人気が高いNFL。そのNFLで起きた実話を元にした物語「コンカッション」を見てきました。「コンカッション」とは脳震盪の事。ハードなぶつかり合いが多いアメリカンフットボールでは切っても切り離せない身体トラブルです。

 NFLでは毎年のようにルール改正をしています。守備側が有利な状況が生まれやすくなったら攻撃側が有利になるように、逆もまた然り。他にも細かいルール改正が行われていて、試合がより面白くなるようにとルール面からも工夫を重ねているのです。サッカーのようなワールドワイドなスポーツでないからこそ出来るアグレッシブなルール改正。これが試合の面白さをより増していき、アメリカにおいて他のスポーツとは桁違いの人気を博す要因の1つにもなっていると思っています。

 しかし面白さを追求するのとは全く正反対のルール改正がありました。それがキックオフ位置の改正です。細かいルール説明は割愛しますが、それまで自陣30ydsから蹴る事になっていたキックオフを、改正後は自陣35ydsからとしました。この変更によって醍醐味の1つであるキックオフリターンがしにくくなってしまったのです。この改正に反対している人は今でも多いですが、今年になってさらなる改正が行われこちらの記事のリーグ競技委員会の原案どおりとなりました。本来は「試合の面白さ」を追求していくはずなのになぜこんなルール改正が行われたのか。その原因の1つが今回の映画のテーマともなる「コンカッション」だったのです。

 作品では「コンカッション」を元に起きた事件から危険性を追求していきます。事件を知っている自分でも「ショッキングに描かれているな」と感じましたので、知らない人にとっては自分が感じるよりもショッキングな症状だと感じられるかもしれません。それでも目を背けてはならない現実が描かれているのです。

 今年は「疑惑のチャンピオン」もありましたし、昨年には「パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト」もありと、スポーツ界の暗部を描き出す作品が相次いで公開されました。どの作品もスポーツビジネスが巨大だからこそ起こってしまった問題点が描かれており、その反省を活かそうと必死にもがいているのが今この瞬間の各スポーツ界です。これから先も問題が起きないとも限らないですが、少なくとも描かれた事だけでも再発はないようにしてほしい……そんな事を思いながら、私はスポーツを見続けていくのでしょう。これから同様なことがどんどん減って、スポーツ選手が良い形で第二の人生を送ってくれる事を願ってやみません。